P17-Encore English Philippines

マニラから南に2時間半。タガイタイにあるリゾート型の語学学校『Encore English Philippines』ご縁があって体験入校させてもらいました。勝手にレポートしてしまいます。

 

 

 

 

(2016.03追記) 現在営業をしていないようです。


ヘッドティーチャーMONが凄い!

・・・語学がこうは先生がやっぱり重要。

 

右から2番目がMON先生。

 

 

 

MON先生。他の先生と打ち合わせ中。そうやって全体の指導レベルがアップして行くのでしょうね。


まず『語学学校にとって何が大切か?』って言われたら皆さんはどう答えますか? 答えは人それぞれだと思いますが僕は『先生の実力』だと思います(初心者の場合はそれに『学習の方法』や『カリキュラムをどう組むか』なども加わってくると思います)

では『どこに行けば優秀な先生から教われるか??』というと、これが簡単なようで難しい。『情報』がなければ『運』しかないと思います。フィリピンでは語学学校が多く『先生の移動(移籍)がままあります』ですから『1年するとガラッと入れ替わっていた』という話もままあります。

 

とりあえず言えるのは『今ココには優秀な先生(MON)がいる』ということです。どんな風に優秀なのかを次に書いてみたいと思います。

 

メソッドも講師次第!??

フィリピン留学を検討している人なら『カランメソッド』って聞いたことあるかもしれません。これは経験したことに説明するのは難しいのですが『英語脳の作るトレーニング』だと僕は理解しています。そして『どんなメソッドでもそれなりに続けないと効果が出ない』のですが『その意義が分からないまましばらく続けてギブアップする』というケースは前いた学校でもチラホラありました。


というのは、確かにカランメソッドを教えられる先生は多いが・・・実は『そのメソッドの肝がどこにあるのか』を理解している先生はそんなにいないと思います。そして理解度が低い英語をカランでトレーニングしても『無理やりオオム返ししているだけ』になって効果は薄いと思います(ないワケではないが退屈で慣れるまで時間がかかる)

 

ここのヘッドティーチャーMONは僕が今まで受講してきた先生たちの中でもトップクラスの先生だと思います。例えば『カランがどういうモノなのか』を深く理解していて、上手に説明してくれます(※ただし英語初心者に英語で説明するのは不可能) またテキストをそのまま進めるのではなく『生徒の理解度やタイプ』に合わせて柔軟に授業を行えるのが素晴らしい。

他の生徒さん(Nさん:中級者)もMONのこと高く評価していて、MONの『知識の幅の広さ』や『柔軟さ』をこう表現していました。

 

『どんだけ引き出しあんねん!』

僕も同感で『引き出しが多い』というだけでなく『それを自由自在に出し入れできる』という所が凄いと思いました。グループレッスンで行われたゲーム(説明は省きます)も楽しく勉強になりましたし、洋楽を題材にしたレッスンもありました。『ガッツリとマンツーマンレッスン』というのも大切ですが『少しリラックスしてグループレッスン』もアリだと思いました。

 

 

ちなみに僕が体験レッスンで受講させてもらったのはMON先生の他に2人でした。A先生はきちんと教えられる実力があり何の問題もありませんでした。B先生は少し訛りがあり授業も少しぎこちない感じでした(ポテンシャルなどをみて採用するか決めるのでしょうね)

 

たぶん学校にとって『優秀な先生』・『普通の先生』・『新人の先生』のバランスは大切だと思います。優秀な先生が『全体のレベルを引き上げる』と同時に『フォローをする』・・・そんな感じでしょうか。また『教わる内容』によっても適性があると思います。例えば個人的には『Side by Side』のようなテキストは『若くて陽気な女の先生』の方がヤル気がでますし(笑)

 

最終的に学校に1人MONのような先生がいると学校の価値はグッと上がります。小規模な学校で、食事も一緒ですから、小さな疑問ならその時に聞いてしまうのも可能です(基本的には授業時間に聞くべきだとは思いますが(^_^;))

 

 

坂は多いが空気がキレイ☆

マニラから南に車で2時間くらいの避暑地タガイタイにあります。近くには世界最小の火山(タール火山)や湖などがあり、更に約1時間ほど南に下るとバタンガスやプエルトガレラといったビーチリゾートがあり、ダイビングなども楽しめます(週末を利用して気分転換するのもアリかも??)

 

さて学校があるのはタガイタイでも『キャノンウッズ』と言われるビレッジ内で、安全性は高いですね。ただし高原だけあって坂道が多くビレッジ内の移動は少し大変かもしれません。でも空気がキレイで景色が良くジョギングやウォーキングには良い場所だと思います。(僕がマニラに住んでいるから言うのですが『マニラの空気は悪い』です(^_^;))

 

また建物はタウンハウスのようなのが2棟あり、ネットは1方のリビングルームでのみ可能でした(2014.2 訪問時)。あと生活する上での不自由は感じませんでした。まだ建物は新しく、近所の庭なども整備されているので、ゴキブリなどの心配も少ないと思います(フィリピンは全般的に多い)。

 

おっと言い忘れててましたが『星がキレイでした☆ 』

 

 

 

学校との相性はいかに!?

どんな学校にも特色がありますよね。この学校は街中にあるワケではないので『フィリピンの文化』に直接触れる機会は少ないです。夜遊びやギャンブルなどの娯楽もありません。また学校は少人数で『大勢の友達を作りたい!』ってタイプには不向きですが、裏を返せば『ジックリと勉強に集中したい!』というタイプには恵まれた環境です。

 

学校の雰囲気はその時その時の生徒によって変わるでしょうが、僕のいた期間の生徒さん達は仲良かったですよ。

 

 

野菜が嬉しい

しばらく滞在するワケですから『食事も気になりますよね』・・ここの食事は日本人の口に合うと思います。たまたまスタッフが調理中だったので聞いてみたら『今つくっている料理(ロールキャベツ風)はヨシに教わった』と言ってました(これって地味に大事で『経営者が食に関心がない学校』は料理が酷い事もありますから)


また『野菜が中心の献立』だったのが僕には嬉しかったですね。なぜならフィリピンは肉料理が多く気をつけないと簡単に太りますから・・・。

 

 

 

 

 


アンコールイングリッシュの案内

詳しい案内はサイトを見てもらうとして、ここは『格安をうたった学校ではありません』その分だけ『中身の充実』に力を注いでいます。リゾート地ということ以上に『優秀な先生(MON)が最大の魅力』だと僕は感じました。

 

留学経験者なら『この先生なら2倍はらってでも受講したい』と思った経験ありませんか??・・・年月を経ていく中で少しずつMON先生のファンが増え、そしてMON先生の指導を見て学んだ他の先生が指導力を付けていってくれそうで期待できますね。

 

 

まだ新しい学校なので改善点もいろいろありますが、経営者のヨシさんには先生らと話し合いながら『1歩ずつ改善していこう』というという姿勢が感じらます。

 

あと語学学校の中には『経営者の強い個性で集客している』という所もチラホラあります。ここは違いますね。経営者は裏方に徹しています。僕はまだ『学校での彼』をよく知りませんが『生徒との会話』を横から見ていると『そこに良好な関係が築かれていること』がハッキリ分かりました。そんなワケでこの学校を表現するなら『優秀なヘッドティーチャーと実直な運営』・・ってな感じですかね。そんなワケでリポートを終わります。興味のある方はサイトの方にどうぞ。

 

(2016.03追記) 現在営業をしていないようです。

 

■語学学校『Encore English Philippines』・・・・http://encoreenglish.com

 Facebook・・・https://www.facebook.com/encore.english?fref=ts

 

 

【お知らせ】Share House MA ではマニラ近郊のスポットや語学学校のチラシを設置しています。経営者のみなさん、どうぞPRにご利用ください。案内はコチラ