E02-フィリピン留学

フィリピンには大小様々な英会話学校があります。一般的には寮とセットになった学校が多いですが、現地に滞在する場所がある人は通うことも可能です。ただし通学系の学校の情報は少ないです。知る範囲でフィリピン留学について書いてみたいと思います。

 

8週間で30万円くらい

とりあえず費用の目安は8週間で30万円といった所でしょう。内訳は24万円(学校+寮)・飛行機代4万円・その他2万円。中には4週間で8万円以下といっている所もありますがアレコレな名目で追加費用がかかって大体は10万円をひょいと越えてきます(^_^;)

 

 

※長期だと割引がありますが実際の学校はサイトを見ただけでは分かりません。

 なので2ヶ月ほどの留学期間にして気に入ったら延長する方が安全かと思います。

 

時期はいつがいい??

大きく分けると、12月頃〜4月頃が[乾季]、5月頃〜11月頃が[雨季]です。

 

雨が好き♪』って人以外は乾季に行くことをオススメします。特に6〜10月は連日の大雨(また洪水や台風なども発生しやすい) また気候的には3〜5月頃が暑い時期なので、ベストシーズンは12月〜3月だと思います。

 

※ちなみに夏休みや冬休みなどの時期は学生が多くて混み気味で、逆に人の少ない時期は学校側もプロモーション価格(安売り)する傾向があるようです。

 

 

目的意識はある??

経験的に生徒の半数以上は『とりあえず勉強しに来ている』でも意識が高い人との学習意欲の差は歴然で成果にも影響するでしょう。実際英語学習は地味で地道な部分がありますから・・。まず『何の為に勉強するのか?』ってシッカリ考えてから留学するといいと思います。また留学先では学習意欲の高い人といると良い刺激を与え合うことが出来ます。逆にそうでない人に囲まれると[連日の飲み会]って楽しい思い出のみが残ることになりかねませんよ。

 

 

基礎&予習は重要

基礎ができてない状態で1から10まで教えてもらおうと思うと、いくらフィリピンといえども相当な料金がかかります。学校は商売でもあるので初心者も大歓迎してくれますがお金がもったいないです。

今は独学する人に嬉しい時代です。なので英語の音に慣れる』とか『基礎文法を覚える』って位は日本でも出来ます。また[オンラインの英会話で出来る部分]と[直接教えてもらった方がいい部分]と考えてみて、オンラインでOKな部分はそっちの方が安いです。

 

 

寮生活の心構え

1.基本的にキレイではない・・・ゴキブリが出たりは普通。マニラは空気も街も汚いです。

2.トイレに紙は流してはダメ・・・簡単に詰まります。

3.ネット回線が安定していません・・・日本ほど速くもない。

4.マナー1・・・シャワーの後は排水溝の髪の毛を処理しましょう。

5.マナー2・・・共有スペースに私物をあまり置かない(みんながそれをするとカオスに・・)

6.マナー3・・・電気(特にエアコン)は小まめに消しましょう(電気代は日本並に高い)

 

 

持って行くといいかも??

フィリピン留学に日本から持っていくと重宝しそうなものを紹介します。

基本的には日用品は何でも手に入ります。しかも安く(Tシャツ・運動靴・タオル・シャンプー&リンス・電池などなど)

 

1.日本茶(粉末かティーバッグ)

日本茶はなかなか飲めません。コンビニで『Green tea』を見つけてもお茶ではなく甘いレモネードだったりします。お茶の粉末をミネラルウォーターのペットボトルに入れてシェイクしてみて下さい。

2.スリッパ(夏用)

滞在する時に使うのですが良いモノがありません。特に男性用の大きなサイズのが少なく、また暑い国なのにモコモコだったりします(^_^;) なので畳や竹などの素材でできたスリッパはオススメです。


3.トランクス(男性)

Tシャツなどは現地調達でOKですが、トランクスはあるけど数が少ないです。それもそのはずフィリピン人男性は圧倒的にブリーフ派みたい。

4.パソコンかスマフォ

今や必須かも??メールやスカイプで連絡を取ったりFacebookで友達になったり。ない人は[i Pod touch(8G):約16000円]が1つあると重宝します。使い方は他の生徒に聞いてしまいましょう。

 


※大きめの傘は到着後に早めに買っておくと重宝しますよ(折りたたみだと濡れます)

 


日本人経営の主な英語学校を調べてみました。→次のページ