E01-オンライン英会話

1.Skpeレッスンの広がり

Skypeを利用した英会話レッスンが広がりを見せている。最大の魅力は何といっても安さ。マンツーマンのレッスンが1時間あたり300円ほどで受講できる。また受講する時間や先生を柔軟に変更でき、ネット環境さえあれば場所を選ばずに受講できる利便性もあります。

 

安さは世界で3番目に英語を話せる人が多い国と言われるフィリピンの人件費の安さからくる。タガログ語の訛りがある先生もいるが学校も人選や教育には気を配っているようでそう気にする必要はないだろう。また気になる人は先生を変更すればいいだけのことだと思います。

 

 

 

2.英会話教室との違い

今までの英会話教室と違う点で気になること(前述のものは省く)

 

1:ネット電話のタイムラグ・・・国際電話をした事のある人はイメージしやすいと思いますが、会話が少し遅れて聞こえるので最初は戸惑うかもしれません。すぐに慣れるとは思います。

 

2:初心者向きではないかも・・・もともと英語のみの会話は初心者には難しいが、これがもし対面であればジェスチャーや表情は伝わりやすいがオンラインだとそうはいかない。できれば初心者の対応に慣れている先生や日本語が話せる先生を選ぶと良いでしょう。ただし人数としては少なく予約は取りにくいようです。

 

 

3.フリートークのヒント

次にフリートークのヒントをあげてみたい。

 

1:会話は自己紹介から・・・「自己紹介で何を言うか」と「先生に何を聞くか」を事前に準備しておくといい。いっそ先生に「自己紹介の仕方」を教えてもらって次の先生で実践し、まず自己紹介だけレベルアップしてみるのもいい。

 

2:相槌と質問で会話が続く・・・(僕自身はまだ未熟だが)相槌などのリアクションが上手くなると先生に「どれだけ理解しているか伝わり易い」それが下手で先生に洞察力もなければ「先生は気にせず早口や難しい言葉を使う」そして質問もいくつか準備しておくといい。無難なのは「好きな食べ物は?」とか「兄弟はいるの?」とかだ。ただし1人に1回しか使えない()

 

3:質問の仕方を質問する・・・受講にあたり真っ先に覚えておくと良いものが「分からない時の質問」だ・・・参考にいくつかご紹介します。

 

Please say that again. (もう1度いってください)

Please speak more slowly. (もう少しユックリ話して下さい)

Please type it. (タイプして下さい)

What does it(XXX) mean? (XXXはどういう意味ですか?)

How do you pronounce this word? (その単語はどう発音するのですか?)

Could you please correct my phrases?(この文章はあってますか?)

 

※ちなみに音声がプチプチと途切れることを"choppy"という。 

 

4:先生の好きな話題を探す・・・(これも僕は得意ではないのだが)日本とフィリピンの違いなどは盛り上がる事が多かった。日本に憧れるフィリピン人は多いようだ。ただし経済的な話題はほどほどに、あまり過ぎると自慢に聞こえ妬まれてしまうだろう。

 

 

 

4.レッスンでは

さて実際にオンライン英会話を始めたら以下のことを気にするといいだろう。

 

1:最初は相性の合う先生探しの期間・・・当たり前のことだが先生のいろいろだ。発音がキレイな先生もいればフリートークが得意な先生もいる。自分の目的とレベルに合った先生が見つかると楽しく授業を続ける事ができるだろう。また相性の良い先生が見つかったら継続して教えてもらう方がいいと思う。共通の話題が増えて話が伝わり安くなる上、授業の好みも分かってくれるからです。

 

2:どの先生を予約すべきか・・・人気の先生は良い先生である可能性が高いが先生も連続で何人もの生徒を教えるので疲れるものと思う。また生徒11人のケアをするのが難しくなる事も考えられる。お勧めは評価を参考にしつつ、予約が取りやすい先生を1人ずつお試ししてみることだ。評価数や予約の数は必ずしも当てにならない新任の先生は固定客がまだついてないし、時間帯や勤務日などの関係で評価数が少ないだけかもしれない。

 

3:どの時間がいいか・・・(生徒がどんな時間でもいいとして) 昼、夕方、夜、深夜とザックリと分けた時にお勧めは夕方だ。いちばん受講する絶対数が少ないからだ。人気の先生も夜は予約一杯でも夕方には空きがあったりする。また同じ先生でも予約の前後に余裕がある方がベターだろう。回線トラブルなどで延長してもらおうにも次の予約があると切り上げられてしまう。またすぐ前に予約があると「次はどんな生徒かな??」って心づもりする余裕がないかもしれない。

 

 

 

5.英会話だけではもったいない

最後に英会話だけにするのはもったいないってお話を。

 

せっかくフィリピン人の先生とマンツーマンでお話ができるのだから、フィリピンの事をいろいろと教えてもらうといいだろう。またタガログ語は間違いなくネイティブだし、また先生によってはプレゼンが得意だとか料理が得意だとかいろいろある。きっかけにいろいろと教わって僕たちも先生にいろいろと伝えられるといいだろうと思います。

 

 

※ちなみに僕は毎日50分のフリートークを受講している。英文法や発音など勉強は独学を中心にしてオンラインレッスンでは『英会話を楽しむ』ことに重点を置いています。楽しいと『もっと上達したい!』って思えるし、伝わらなくて歯がゆい』って経験もモチベーションアップにつながっています。

 

 

Skype:ネット電話でビデオチャットや画面共有などの機能がある。