BLOGな感じの日記-1

思いついたことを適当に書いてます。宿屋についてはコッチにも書いてます。

 

2012.08.30・・・定番化

 

天気が良かったので洗濯をした。今だに手洗いだけど脱水機がすこぶる便利です。


午後は日本城で小さなポケット付きのカレンダーを2つ購入。あとラック用の収納BOXも。収納BOXはサイズがピッタリだとオシャレで使いやすい。人口が増えるとモノが散乱しがりになるので収納には力を入れたい。カレンダーに関してはこういった使い方をしようと思う。例えば『月に1回は窓を磨く』とか決めても大抵は忘れる。だから小さなメモを書いて予定日のポケットに入れる。またその日にチェックしてタスクが終わったら翌月のポケットに入れておく。そんな感じで、家賃の支払などをどんどんポケットに入れておく。覚えるの面倒だからね。

 

 

さて、洗剤や消毒用アルコールなどの消耗品を『定番化』していこうと思う。詰替えた方がお得だったりするし、それ以上に『買い物で迷うのは時間の無駄』だからね。商店のように一定数をストックしておき、それがなくなった時点で買い足す。そして定番化と同時に『消耗品の絞込み』だ。一般家庭には洗剤だけでかなりの種類がある。だが、実際にはブリーチがトイレに使えたり食器に使えたり衣類に使えたりして複数を揃える意味はあまりない。種類が多いと管理が大変だからね。

MAではシャワーグッズに関しては『シャワー室に放置しない』ってルールを作ろうと思う。もちろんソコにある方が便利なんだけど、複数がシャンプーにコンディショナーなど置いていくとシャワー室の棚はグッズで溢れかえり、掃除は大変になってカオスになる。だからグッズは各自がプライベートスペースで管理する。ただしシャワー室の隣にグッズが置ける棚を作りました。そこに小さなカゴを用意したのでそれを持って入ってもらえれば便利だと思います。そして石鹸(or ボディーソープ)とシャンプーは共用のを用意します。特にこだわらない人は自分で用意する必要がありません。これもみんなが使うことを想定して品質と価格のバランスが取れたものにしようと思っています。それかオシャレなポンプを買って詰め替えようかな??・・・とりあえずシャワー室も発展途上です。

 

 

 

2012.08.29・・・冷蔵庫と脱水機

 

今日はスタッフJの定休日。僕はマカティ方面を歩いて歩いて歩いた。帰りにニコルズ駅の近くにアパートがあったので試しに値段を聞いてみた。1部屋が7000ペソ・・・3名までOKらしい。すでに満室ということでここであえて嘘はついてないものと思う。この周辺でスタッフ用の部屋を確保できるといいんだけどなぁ。

さて帰りのジプニーはMAの前を通過してSUCATのSMに行ってきました。目的は冷蔵庫です。ずっとどんなのが良いのか。またどこが安いのかを調査してましたが、省エネタイプでカッコイイ東芝製に決めてからネットで調べるとSMモールしか売ってないとわかり、諦めてここで買うことにしたのでした。どうせ配送してもらうのだからと、脱水機も一緒に購入。そして配送車と一緒にMAに戻りました。ちなみに脱水機を買ったのは少量だと手洗いで短時間に済ませられること、そして複数で使うようになったら、洗濯機と2台体制でしようかな??って考えているからです。

 

それと雨季の乾燥に1つのアイデアがあります。それは速乾性で吸湿性の高いバスタオルと利用するって方法です。単純に速く乾かしたい衣類をバスタオルで水気を吸い取るってダケなんですけど、実はコレを乾燥機などで使うと合計の時間を短縮できるって前テレビでしてました。ここでは乾燥機は贅沢なので今は買いませんが・・・。

 

あともう1つ乾燥に関してアイデアがあります。それは晴れた日に鉄板を敷いておいて、その上で衣類を滑らせる。僕は勝手に『逆アイロン』って呼んでいますが、たぶん速く乾くはず・・・。

 

 

 

2012.08.27・・・木工がうまくなってきたJ

 

今日は2人で木工作業を中心に頑張りました。トイレのスノコはほぼ組みあがり、あとはグラつきの調整とニス塗りで完成です。クローゼットの補修も半分くらい進んで、壁との隙間をパテで埋めました。これをしてあるとアリやゴキブリなどの虫の発生率が格段に下がる。そしてたぶんエアコンの効きも微妙に良くなるはず・・・。

 

スタッフJは木工作業を面白がってくれてて、少しずつ上達してきました。僕も含め素人なんで難しいことは出来なくてもいいんです。ゲストが過ごしやすいように枕元に荷物置き場を作ったりしたいものです。今は先にクローゼットの補修などなど・・。

新しいスタッフ候補者と日曜日に面接をすることになりました。僕のメールじゃラチがあかないので、Jに代理で電話してもらってアポを取りました。まずゲストハウスとは何ぞやって所から説明しないとフィリピン人にはイメージしずらいと思います。その上で受付や掃除などのスタッフが必要なことを説明して相手の希望とか聞いて合意が出来れば晴れてニュースタッフです。 

 ちまたを見渡せば雑貨屋さんで暇そうにしてるスタッフとかいっぱいいます。たぶんというか確信に近い感じでゲストハウスのスタッフってのは面白い経験ができるとおもいます。カワイイ女の子だったら旅行者に口説かれて辞めてしまうんじゃないかな??ってな心配もありますが、その時はその時と考えるしかありませんね。あと心配といえばモラルの低い旅行者ですかね。他の旅行者にも迷惑をかけるような客なら追い返してもいいかな??って真面目に考えています。3%以下の人からはダメって評価をつけられても他のゲストはスタッフを優先したいというか・・・。

僕は『お客様第一主義』ってのは実はあんまりピンと来ていなくて、口ではそういっておいて実際に実践できている企業は本当に少ないと思うからです。それよりスタッフを大切にしてこそ、お客さんに本当のもてなしができるんじゃないかって思っています。どこまでスタッフにしてあげるかはこの国ではさじ加減が本当に難しいように思いますが、会社への忠誠意識が低いといわれているフィリピンでも待遇や人間関係などに満足してたらそうそうは辞めないんじゃないかな??って思っています。まだわかりません。仮説の段階です。

 

スタッフ間については少し気になることがあります。人によっては田舎出身者や低学歴の人をとても馬鹿にする傾向があるからです。僕は英語は大事だと思ってますが、1つのスキルだと思ってて、むしろ英語があまりできず学歴がない人ほど冷遇されているから処遇によって人材が活きてくると思ってます。そんな人をヤル気をそがれたりしないように高学歴な人ほど性質には注意を配りたいとおもいます。

 

 

 

2012.08.26・・・冷蔵庫とシーツについて考える

 

日曜日はスタッフが休みなのでアラバンに行ってきた。ジプニー1本で行ける要所なので今のうちに何があるのかを見ておきたい。家電量販店で冷蔵庫をチェック。どの位に節電タイプなのかが数値でわかる。下は150〜上は275まで。数字が大きいほど良い。見てみると同じ大きさでも電力がほぼ2倍違うこともあり侮れない。1日に1kwhが節電できれば月に30kwhで推定で800円くらいは違ってくる。差額など1年で元が取れるのだから(フィリピンは電気代が高い)節電タイプを買う以外にないでしょう。Panasonicのが一番に節電だったけどデザインがダサかったので、デザインの良いサムソンにしようかとも思ったけど、同じくデザインの良い東芝のを買うことに決めた。今は決めただけで買ってはいない。

 

アラバンのスターモールでは今あるハンガーと同じタイプのものを買い足した。できるだけ同じので揃えたい。それと近くの格安雑貨店でベッドシーツを買った。フィリピンでは派手なシーツが多くシンプルな(例えば白)とかはほとんど見当たりません。とても残念なのことです。どうやって部屋とか家具に合わせるんだろう??今度は香港でも行って買い物してきたいもんだ(行っても土地勘なくて困るんだろうけどね)

シーツで思い出したが、ベッド用のシーツは薄く、暑いフィリピンで汗かいたまま寝たらスグにフォームまで汗が染みこんでしまいそうで心配しています。日本では敷きパッドを使っているのだけどこっちはそれらしきものが見当たりません・・・どーしよう?? それとフォーム自体が4000円くらいするので(クラスとしては中くらい)それっと高いかも・・・って思ってます。むしろエアベッドを使えば洗いやすいし、少しくらい空気が抜けても1週間に1回だけ空気の補充をすればいいんじゃないかな??って気がしています。寝心地はそんなに悪くないって思うのは僕だけだろうか??また訪れた人に試してもらおう。ちなみにそのエアベッドは1500円くらい。たまにセールするし、自分らで運んだり、邪魔になったら収納できるのが便利だと思ってます。

 

 

2012.08.25 ・・・2段ベッドとPLDT

 

9月から1週間ほどMAの住人はMAXの4名になります。それにむけて受け入れの準備を進めています。まずSmartのネットだけではつながらない事があるので、PLDT(日本でいうNTT)でDSLの加入をすることにしました。たぶん早ければ手続きに1週間??わかりませんが、速くて不安定な回線1つより、ほどほどで不安定な回線が2つの方がいいと思っています。回線が不安定なのはこの国では避けられないことなのかもしれませんが、試してダメなら次をさがしていくまでですね。

次に2段ベッドを2つ(マットを4枚)購入しました。できれば作りたかったのですが、木材が高く、なおかつ時間的な余裕もないのでそうしました。合計5万円くらい。木製のガッシリしたタイプです。 配送と組立でフィリピン人にお金をせびられました・・・。この国ではよくある事らしいです。ドライバー『思ったより遠かった。別のUnitedだと思ってた(そんなこと知るか!(笑))』あと、組立もしてあげると言われてたので『無料だと思ってた』けど、料金を請求される。

『お店にクレームするぞ!』って脅す選択肢もありましたが、無駄な恨みを買いたくないので、今回は払うことにしました。そのかわり『今度は料金確認時に送料や組立代も明記するように』って言っておきました。そして次は僕自身も『金額を確認してそれ以外は払わないぞ!』って念押ししてから買うようにしたいと思います。まぁ、お菓子やお茶くらいは ・・とは思いますが。

P.S. いまパートスタッフを雇うオファーをしています。実現すればパートで1名か2名きてくれます。どんな人を雇うのか、どんな仕事をお願いするのか、どんな条件で働いてもらうのか、など、今後の基準にもなるので、よく考えたいと思います。


 

2012.08.24・・・次のマニラ再訪が決まる。

 

先に9月30日に日本に帰ります。そして10月15日にまたマニラに戻ってきます。

ともにジェットスター。実はセブ・パシフィックでプロモがやっててそれが日程的にも金額的にも最適だったので凄く欲しかったんだけど、Webサイトでエラーが出まくり・・・。それで多大な時間をロスしてしまったので悔しいけど諦めてジェットスターでチケットを買ったワケです。ホントあそこのサイトはもったいないです。

 

さて今日は家具作りをメインに動いていました。携帯などの充電ラック。シャワー室のスノコもいろいろと試行錯誤してて少しずつ進んでいます。あと備え付けの大きなクローゼットはゴキブリが出るので修理しています。腐っている木を張り替えて隙間をすべて埋めるつもり。

 

ゴキブリやアリを退治したい人がまずやることは『殺す』のと『捕獲する』ってのが普通だと思うのですが、僕はまず『経路を遮断する』ってのと『エサの供給を断つ』ってのが本当は大事なのだと思ってます。その上で駆除して寄り付かないように薬をまいたりするしないといつまでも出るんだろうと思う。だからその2つを今てっていてきにしようとしています。部屋の隙間を埋めるとエアコンの効率も上がるようになるだろうし・・・。

 

さてフィリピンは木材が非常に高いです。肉体労働系の人件費は逆に非常に安いので完成品の家具を買う方のと自分で作るのはあんまり値段がかわらなかったりします。むしろ逆転したりも・・・。でもできるだけ自前で作るようにしたいと思ってます。材料はだんだんと調達先がわかっていくだろうし、スタッフに作り方を教えていけば、その部屋のその場所にピッタリの家具が作れるようになります。特にスペースが限られている中で快適に生活してもらおうと思ったら家具の大きさは配置などはこだわりたいポイントだったりします。マニラは首都なのでテナントもそれなりに高いから。

 

今は時間とお金をどう使うかをよく考えています。正直なところフットワークは重いです。スタッフも手配が苦手な1人のみ。僕の英語力や経験も不足しています。でも、だんだんと環境が整ってきてるのも事実で、環境が整えばインターンや次のスタッフにも活躍してもらいやすくなるし、仮想ゲストハウスのシュミレーションができます。大きめの家を借りるのはそれなりに家賃もかかるので、できるだけ借りた後は速攻で準備が出来るように備えておきたいと思います。

それにしても英語ができて手配や交渉がスムーズにできるマネージャー的なスタッフが1人ほしい。あとハウスキーパーからいずれ宿の受付に昇格するつもりのキレイ系の女性スタッフも欲しい。スタッフは雇ったらずっと付き合いたいと思うし、大勢は雇えないのでかなりシビアに選びたいと思ってます。受付スタッフにしても(もちろん他もしてもらう) 感じのいい美人が1人はいると客の延泊率が上がると思うので正直なところ大事です。これからもUPしていく写真などで次のインターンや未来のお客さんが増減するかと思うと譲れないポイントです。

 

さてこちらで同じく起業しようって韓国人のJさんとたまに連絡をとりあっています。とても大事な情報交換相手です。彼から『日本人インターンを紹介して欲しい』って頼まれていますが、実のところ僕もインターンに来てくれる人は欲しいので紹介は今は難しいというのが正直なところです。今はまだキャパがMAX4のMAだけど、宿用のテナントを借りたら、組織できるだけ10人でも来て欲しいって思ってますから。最初は宿がガラガラですのでいろんなスキルを持った人に来ほしい・・。日本で頑張って種銭を稼いでマニラに来たけど、宿屋は総合格闘技みたいなものなので料理や掃除や事務仕事などいろんな業務が関係してきます。それらを普通に外部に委託してたらお金がいくらあっても足りません。だからみんなの助けを借りながら開業を目指しています。僕も借りた分はいろんな形で返していくつもりです。

 

 

 

 

 

 

2012.08.23・・・常時接続に。

 

朝から木材が届くことになっていたが来ないのでJと大工仕事をはじめる。サンダーがけをして、Jは木材に新しいニスを塗る。それでも来ないので電話してやっと木材が到着。ニスはコーティングタイプを想像してたけど、どうやら違うみたいで残念。特にシャワー室の床に貼るスノコはコートしたいって思ってたけど、それは次回、日本から持って来るしかないかな・・。

 

昼前からは外出して、Smartへ。いろいろと書類を持っていったかいあって、6ヶ月契約のブロードバンドシムを契約することができました。Pocket WiFiで5台まで同時に接続できます。ブロードバンドとはいうもののまだ速度も1Mbps前後で、しかも不安定なので、できれば有線のDSLとかも1000ペソくらいのプランを契約しておきたい。いい方を使う感じでちょっと贅沢だけど、この国でネットを確保しようと思ったら予備は必要な気がする。たぶん宿用の物件を借りたらPocket WiFiはあっちでの臨時回線にできる・・・やっぱモバイルはそのあたりいいね。いっそPocket WiFiを持ち歩いて速度の速い場所を調査したいくらいだね。

 

午後は大工仕事。最初に力を入れているのが『携帯やパソコンの充電用ラック』だったりします。シェアスペースだとどうしても共用の机に置きっぱなしになりがちですが、そうすると他の人が机を使えなくなります。だから寝室ではないメインの部屋にラックを作りたいって思ってます。ちょうど2つの部屋の中間地点。そして携帯などの充電が必要なものを置いておけるようにしたい。いろんなこだわりがでてきて、充電アダブターはカバーで隠したいとか、、、いろいろ。試行錯誤しつつたぶんあと3日ほどで完成するはずです。

 

その次に作りたいのが、『シャワー室用のスノコ(足場)』です。シャワーとトイレが同じ部屋なので、シャワー後はどうしても床が濡れます。だから、トイレ部分の床のスノコを敷きます。スノコは床にピッタリしたサイズで、2つに分かれて掃除もしやすいよう工夫します。今回は無理ですが、できれば手洗いする流しの下も木で囲って、その下に掃除道具やらを入れてパッと見は道具が見えないようにしたい。

 

■その後の木工予定(ボチボチと増やす)

 

・2段ベッド・・・作るつもりが木材が思ったより高いのと時間がないので今回は中止。そのかわりベッドを仕切る壁と、ベッドに追加する棚(枕元に荷物が置けたらいいな☆)を作りたい。

 

・ゴミ置き場・・・外にゴミ箱を保管できる簡単なラックが欲しい。ゴミなど外で十分。

 

・洗濯ラック・・・外に洗濯物を干す場所を。雨でも濡れない用にしたい。室内干しは最小限に。

 

・木工用の棚・・・今あるクローゼットの棚を修理して木工用具の棚にしたい。消毒し隙間はすべて埋めてゴキブリの撲滅を目指す。キレイに整頓された工具類・・・はやく実現したいもんだ。そうだ。ここにスタッフJ用のスペースを確保するんだった。

 

・事務用の机・・・壁にシンプルな机が欲しい。プリンター類は少し目立たない場所に。今は大工する場所にドデカイ事務机があるので、木くずが降ってきてよくない。

 

 

 

2012.08.22・・・ビザの更新

 

(後日の日記にて簡単に) その日はビザの更新にイントロムロスにあるイミグレーションに行ってきた。予想通り手続きわかりにくい・・。正面の受付で用紙をもらいパスポートをコピーして手続きをして支払いをして、別の受付で提出すると『1時間したらまた来てね』って言われたので散歩した後で同じカウンターに行くとくれました。これで10月4日まで滞在できるようになりました。それにしても料金が複雑・・合計3030ペソなんだけど、3000ペソにしておいて明細にして合計金額を出しておいてほしい。最初の用紙に2000ペソとか書いてあったので支払ったら、あと1000ペソって面倒なことはしたくないんだけどな。

 

さて帰国のチケットを取らなきゃ。その前にネットの無料期間が終わったので、月額999ペソの使い放題のプランを契約しよう。

 

 

 

2012.08.21・・・初めてのPNR

 

ビザの更新をしようとイントロムロスに向かった。ジプニーでパサイへ、そこからLRTでセントラル駅に向かう。まだ時間が早かったので途中でジョリビーに寄って朝食を食べた。65ペソほどでバーガーとハッシュドポテトとパイナップルジュールが飲めて僕には調度良い量とバランスでした。イミグレーションに付いたが平日にもかかわらず休みらしく、今日はイスラム教のラマダンの関係の休日らしい。しかたないので明日またくる。

 

その後はチャイナタウンを散策した。キッチン棚用の取手を8ペソで見つけ8個(+予備2個)を買った。あと骨組みが竹でできている傘を購入。これは非常用の置き傘にしよう。宿ができたら傘は何本か常備しておきたい。さてランチに中華料理でもと考えたが手頃な店が見当たらずフィリピン料理と中華料理の中間のような店に入った。なんとなく台湾を思い出す味だったけど、僕は普通のチャーハンとか点心が食べたかったなぁ。

 

そしてスタッフJと話し合って、PNR(国鉄)でMAの方に向かうことにした。ジプニーで少し北上してそこから初のPNR。ゆっくりめの速度で各駅停車だが思ったより社内はキレイでした。昼間は1時間に1本。朝と有は2本。混む時間帯でなければ交通手段としてアリだと思った。僕はJにいちどPNRも試すように言っていたので1週間ほど先に体験済みで、いたく気に入ったようだ。ジプニーを乗り継ぐより交通費が節約できるしエアコンが効いているなど。ただし混んでさえいなければ・・・混んでいる時はかなり辛いみたい。

 

それにしても今だにスタッフ1人ってのはどうなんだろう??たぶん不動産探しはJには向かない仕事だから、他に力になってくれる人がほしいもんだ。心当たりがないでもないがある程度は自分のところで解決できるようにしたい。それにしてもJはいいヤツだ。明るくて素直で勘がいい。ウェブデザインはともかく、大工仕事なら電動工具とか使い方を教えればそのうち簡単な家具は作ってくれるようになるかもしれない。だぶん学歴がなく英語が上手でないとこういう人材でもずっと低賃金なんだろうと思うが、宿の運営に目処がついたら貢献に報いたいと思う。というか埋もれた人材に役割を与えスキルをつけてもらった方がスタッフの定着率も高いのかもしれない。英語ができ学歴がある人はスグ海外に行ってしまいそうで不安だったりする。あくまでヤリガイのある楽しい職場を作っていけばそうでもないんだろうけど・・。

 

■さて今日できたこと。 ・食器棚の取手が新しく。・シャワー室の床の隙間を埋めた(トカゲが出入り)・カーテンレールをかった。・置き傘を買った。

 

■明日はイントロムロスでビザの更新。■明後日は追加の木材が届くので家具作りの続き、ネットの月契約。など。 そういえば11月から男の子が1人インターンとして来てくれることになった。MAでの活動は時に地味な作業で、時に朝令暮改になったりもするけど、きっと良い経験になると思います。僕も『参加して良かった』って言ってもらえるよう、フィリピンの事やビジネスの事など伝えたりしたいです。11月だときっと新しい物件を借りれているはず・・(断言できないのは残念だけど、今度のは大きな買い物になるので妥協はしたくないのです) その頃にはスタッフも増え、今よりもワイワイと宿づくりが進んでいるだろうと思います。

 

 

 

2012.08.19・・・ホームパーティ

 

今日はスタッフがお休み。そんなワケで午前中は1人でシンクの色塗りとかしてました。

 

午後になってSMモールに鶏肉を買いに行った。今日はファミリーにカレーを作ります。買い物の前にマクドナルドで腹ごしらえ。僕の前に並んでいたフィリピン人のおばちゃんが店員さんに対して失礼な態度で嫌な気分になりました。注文した後でご飯をよこせ!ってな態度で(言葉はわかりません) お金を投げ捨てるように渡していました。店員の女の子は礼儀正しく接客をしていましたが一瞬まゆをひそめて困った顔をしたのはたぶんオバちゃんは気づいてもいないでしょうね。僕は心の中で『どんまい!』と言いながらバーガーを注文しました。

 

ひさびさのマクドナルド。日本にいる癖で食器を片付けたくなり、よく見ると返却棚があったので返してきました。ずっと『フィリピンでは返さないでいい』って思ってましたが、ひょっとしたらマクドナルド側は一応は『トレイ返却もセルフで』ってことにしてて、でも誰も返さないからそれが普通になっているだけなのかも?? 食事を終えてスーパーマーケットへ。肉は自分で取り分けるスタイルで、なんとなくグロテスクに感じます。それでも市場より10倍ましで、市場では丸ごとの豚を運ぶ人とか、かなりグロいです。普段は気にしませんがホントに命をいただいているって実感できます。

 

さて、帰宅してカレーを作りました。鶏肉に下味を付け、ニンニクで炒めます。玉ねぎを入れ、人参とジャガイモを入れました。オーソドックスなカレーです。フィリピンの食材でアレンジしたい気持ちもありますが、日本のカレーをファミリーに味わってもらいたいからです。ルーはもちろん甘口。子供たちがいますから・・・・もし次の機会があれば大人用にスパイスを用意しようかな。

 

誕生会(男の子)が始まり、その子の家庭教師とその妹と彼氏。教会の人達や、マザーの元同僚など、大勢いました。カレーは美味しいといって残さず食べてもらえました。あとは英語でいろいろとお話をしました。MAは大家さんの家と同じ敷地にあるので半ホームステイのような感じで、たまにこういう交流ができます。大きなポイントです。僕のこの大家さんファミリーが好きです。 家庭教師の女性とオカマちゃんが今度からマザーと同じオンライン英会話スクールで働くことになるようです。今は2人とも韓国のオンライン英会話スクールにいるようですが、どうやらそこはハワイでアメリカ人が教えているって偽って営業しているようです。先生たちも罪悪感をもっているみたい。規則も厳しくて大変っぽい。そういった経営をする人は嫌いだなぁ・・。嘘つきも支配しようってするのも嫌。反面教師にしよう。って思うまでもなく、そうはなりません。

 

そういえば家庭教師の女性もキレイでしたが、その妹さんが美少女でした。大学生。シャイではにかんだ笑顔がとてもキュートで、もちろん恋愛対象としては興味はないのですが、こんな子がゲストハウスの受付のバイトをしてくれるといいなって思いました。また営業にめどがついたら、いい子には声をかけていきたいもんだ。

 

それより、、、(いくつか起業において重要事項があるが)その1つが解決するかもしれない。大家さんの従姉妹が、それらの手続き(会計業務やビザなど)の仕事をしているらしい。こういったのは信頼できる人のツテを頼る方が安心だから。少しくらい高くしてきたとしても無茶はしないだろうし。そんなワケで会社設立はそこに頼むことになるのかな?? 会社のマネージャーも大家さんが『知り合いをあたってくれる』と言ってくれているが、できるだけ別のルートで確保したい。あまり1つのルートに頼るとバランスが悪くなる。大家さんにはできれば5人の発起人の1人になってもらいたいから、残り2人のフィリピン人は彼らが知らない人の方がいい。根気強く探そう。

 

 

 

2012.08.17・・・タギグを歩く。

 

その日のマニラは久しぶりの快晴!洗濯物もよく乾きます。SMモールでSmart broの相談を終えてからFTIの家具屋に向かう。木材を供給してくれるというオーナーは不在でまた出直し。スタッフと相談して隣のタギグ市を歩くことにした。本格的な宿用物件は9月から探しはじめるけど、まずは歩いてその地域を知ることが大事だと思っています。

 

2人でひたすら歩きました。タギグはココナッツシェイクが安く500ccで30ペソでした。あと自転車屋さんで2500ペソほどの自転車を見つけて、スタッフが次の給料で買いたいって言ってました。僕もMA用にとりあえず1台は欲しいところです。あとスタッフが欲しがっていた小さな電卓を買い与えたりいろいろ。

 

比較的おおきな収穫といえば材木の小売店があったので価格を聞いてみるとビクータンより安かったです。そう遠くないので無料配送もしてくれるようです。次は買いたいな。配送してもらう時にビレッジで入場料を払う必要があるので最初は20本くらいまとめ買いしてストックしておきたい。

本当は40本ほど欲しいけど、今の場所には材木を置いておくスペースがないからなぁ。

 

庭はあいかわらず散らかっていてMAの部屋が落ち着いたら大家さんと一緒に片付けたい。片付いてさえいれば、それなりにいい庭になるんだけど、、いやぁーもったいないなぁ。

 

 

次の日曜は大家さんファミリーと夕食です。僕は日本のカレーを作ります。子供たちが喜んでくれるといいな。そういえばマザーは過労気味の勤務シフトから開放されたみたいで、余裕のできた時間で日本語を習うって言ってました。僕もボチボチとタガログ語を覚えるようにしています。Mちゃんも言ってたけど、インターンに来てくれる人達もタガログ語に興味を持ってくれるといいなって思います・・・・外国人と仲良くなったり文化を知る上でその国の言葉ってのはとても重要ですから。

 

 

 

2012.08.16・・・幸せのハードル

 

昨日くるつもりの工事屋さんが今日の午後5時すぎになってやっと来てくれました。これでホットシャワーが使えるようになりました☆ 交換してもらったシャワーヘッドは白で小型のものですが水圧がそれほど強くないのでむしろこっちの方が出がいいです。それで夜になり久々のお湯のシャワー!すごく嬉しい気持ちになりました。たかだかお湯のシャワーなのに・・・。これって幸せのハードルが下がっているってことなんでしょうね。悪いことじゃないね。

 

あともう1つ懸案だったPocket WiFiが何とかつながりました。ファームウェアをバージョン3にアップしたらログインできて、リブートしたり、名前をsmartに変更したりしたら接続できました。どれが解決につながったのかわからないので再現性はないのですが、とにかくPocket WiFiのミッションもコンプリートです。これで5台の同時接続が可能です。次はプリペイドのプランをポストペイドの使い放題に変更しようと思います。それはまたのちほど。

 

さて敷地内の通路そばにアリの巣を発見しました。大家さん家族はまったく気にしていませんが僕は撤去したい・・・。近づいてみるとアリがサンダルの中に入ってきて『痛痒い・・・』あとでスーパーマーケットに行った時に殺虫スプレーを買ってきて帰宅して吹きかけました。明日は巣を掘り起こして埋めたりしたい。フィリピンのアリはすごく鼻が利きます。食べかけのパンとか気がついたらアリだらけです。だから、家の穴という穴を埋めにかかってます。あと虫よけのショークを引いたりいろいろしています。ゴキブリもそうですが、穴を塞いで食べ物を隔離すれば、増殖は最小限に抑えられるはずですから。

 

木材収集ミッションやその他はまだできてません。以前きてくれた人が再訪した時にびっくりするほど改良したいなって思います・・・・・そういえばそろそろビザの更新をしておかなきゃね。

 

 

2012.08.14・・・粗食。

 

今日のマニラは雨です。シャワー用のヒーターを取り付けに来てくれると思っていたけど実は明日だということに気づいた午後2時ごろからお出かけしました。前に滞在してた宿の近くのウォルターマートに行って、ある店員さんが『いるかな??』って見てみたけどいなかった。顔見知りになって、『雇って!』っていってたので声をかけにきたんだけどまぁしょうがないね。

 

その後は66ペソ均一で木製の4連フックを2つ買ったり収納グッズを中心に探していました。これから来てくれる人達に提供する収納スペースがまだクローゼットの一部しかないので、せめてそこにフックを付けようと思ったのでした。のちのちは靴箱やらバスグッズなどを置く棚も各自に提供したい。シェアルームにおいてバスルームに私物を置くとカオスになりやすい。2人くらいだったら何ともないけど、ゲストハウスのように何人もが使用するとなるとバスグッズが散乱するのは必然だったりします。そこでバスルームの手前に棚を作ってそこに各自のカゴを置いておき、持って入ってもらうのが一番しぜんで使いやすいかと思う。

 

キッチンの棚はとりあえずキョコレートブラウンに塗り終えた。元の汚れを隠す意味もあって少し濃いめの色になったが目線より上の空間にある家具としては色が重たすぎると感じています。今はしかたないけど、あとで汚れた取手を破棄してもっと明るい木で装飾しようかな。

 

(一人で暇なんでしてることをただ書いてる・・)それとペンチを買ってきたので不要な釘などを全て撤去。その後に残った釘穴はできるかぎりパテで埋めた。こういう点は前にいた住人も気づかないレベルなんだろうと思う。まだ気になる点は山ほどあるが、シャワー室の床がきになる。まだタイルを貼って2ヶ月くらいしかたってないのに、もう2年くらいたったかの汚れよう。いちおう掃除はたまにしてるんだけど、それ以前にタイルの目地の埋め方が下手なのが原因。そのうち目地を少しだけ削って自分でやり直そう。トイレ用にスノコが欲しいけど木材はまた後、均一で売ってたのは小さすぎて加工してつなげてもうまくいきそうにない。ピュアな木をサイズ通りにキッチリ測って、できればシャワーエリアからトイレエリアに水が流れないようにしたいところだ。あとトイレ用洗剤やアルコールスプレーなどは洗面台の下のスペースを活かし吊り下げるようにしたい。

 

個人的に普段から思っていることなんだけど『多くの人は床にモノを置きすぎるので掃除が面倒なんだ』・・・僕は掃除は好きではないが整理整頓は好きだったりする。とはいえ共用スペースをある程度きれいに使ってくれれば、そんな口うるさいことはありませんのでご安心を。

 

 

さてタイトルの話。フィリピンではモールに入ると基本が『肉+ごはん+ソフトドリンク』となっている。肉もソフトドリンクも好きだけど、少量に抑えたいのでモールの食事はイマイチです(もちろんお金をだせば野菜も普通に食べられる) そしてそれより好きなローカルな食堂はみんなで行く分にはいいが1人でいくと種類が食べられないのが残念。家では作ってくれる人も作ってあげる人もいない上に、調理器具もそろってないので、つい面倒でパンやラーメンになってしまってます。ちょっと偏ってきてよくない傾向だね。それも8ペソの袋ラーメンを具も入れずに食べるところなんかは『苦学生かよ!??』ってツッコミたくなる有様なのです。

 

とりあえず今週の日曜はファミリーにカレーライスを振る舞うので久々に料理します☆

 

 

2012.08.13・・・1人作業の難しさ

 

1人での作業が続いています。『(スタッフ)Jも1人で頑張ってたんだよなぁ〜』とか考えながらキッチン上の棚をざっと塗り終えました。『うんチョコレートブラウンでOK☆』ってことでMAの基本ウッドカラーが決まりました。ドアも少し塗りました。その後は少しパネで穴を埋めたり地味な作業を。僕のいない約2週間・・・Jのペンキ塗りに『お疲れ様』って言ったものの天井は1度塗りしかしてないし、シャワーの上もアラが目立ちます。怒ったりはしませんがまた落ち着いたらやり直しです。ここMAは仮想ゲストハウスとしての練習だから『僕らが住めればいい』というクオリティーではOKできません。いちおうゲストハウスとしては高級な宿なのだからそのつもりで取り組むように伝えていこうと思っています。

 

さて今日もホームセンターやらダイソーやらに行きました。キッチンに取り付ける白い格子状の棚をどうやって固定するか部品を探してました。だんだんと『どこに何があるかわかってきました』がまだまだ足りないモノだらけです。

 

それと家具を作っている工房を見つけたので飛び込みで値段やらを聞いてみました。2段ベッドで18000ペソ。安いのがマホガニーっていってたから、この工房は金持ち向けの家具を作っているみたいです。しばし職人の作業を見ていましたが普通の大工よりずっと精度が要求される作業をしてました。『電動工具使えばもっと速いのに』とかちょっと思いましたがよそはよそですね。その後は木材を売っているところを見つけたので値段を聞いてみました。インチ表示なのでいまいちピンと来ませんが現物を見せてもらったりして主なサイズだけ金額を教えてもらってメモしました。フィリピン人は日本人に高値をふっかけてくることはままありますが、ここは値段表があってその辺りは大丈夫そうです。それにしてもフィリピンの木材はやっぱ高いかも・・・。小売店じゃなくて卸売してるところとかわかるといいですけどね。

 

先日しりあった家具屋のオーナーとはまたスタッフを連れていくつもり、今回ので値段の目安はわかったので相手がどんな風に僕と付き合っていきたいのかわかるかも・・・。僕としては交渉ってのはあんまり得意じゃなくって、でもこれだけは英語で言いたいってことがあります。まだどういっていいかわかりませんが・・・

 

『僕は商売する上で信頼できる所と長く付き合いたい』そしてその発言の前後にこういったメッセージを入れたい。『だからもし高くても僕はそれを知らずに買うかもしれないが、それがわかったら信頼関係は崩れるよ』として『いちおう他のところの値段もそれなりには調べてるよ』ってな感じ。

 

僕はよくある『どれだけ安くできたか』ってのにこだわるのは逆に損だと思ってて、相手の人が『足元を見られた(くやしい)』って思ったら、その先が閉ざされると思う。また交渉術ってのも得意ではないけど、相手が使っているのはまぁまぁわかる。わざと高い値段を引き合いに出してきて、その後に普通のプランを出してくるとか、、、顔には出さないけど、ガッカリすることがある。

 

同じようなことを何度もいうようだけど、『いい人』ぶってるつもりはなくって、本当に『いい人』でいようとする姿勢が、言い換えれば『信頼を築くこと』が結果的に友達を増やし、仲間を増やし、仕事や情報が集まる最良の方法だと思ってるからそうしてる。ある意味で合理的なのかもしれない。

 

 

それにしてもアレンジできるフィリピン人スタッフが欲しいなぁ。

あと通訳とか翻訳とかができる人に手助けして欲しい。英語の求人ページとか作りたいし。

 

まぁ、今は我慢だね。まわりの仲間を増やしつつ『こんな人が欲しい』って言い続けてたら、

『それならそこにいい人がいるよ!』って誰かが教えてくれるはずだから・・・たぶんね。

 

 

2012.08.12・・・2つのアポ

 

今日はケソンで仲間と会う約束が2つありました。MAからジプニーで約35分でMRTタフト駅にそこからクバオに着いたのが家をでて約1時間です。スムーズに来れました。約束の時間まで1時間以上もあるのでクバオでホームセンターに入りました。まだ備品が揃ってないのでアレコレと見て回ります。地味に道具にこだわるのでメジャー1つ買うにしても複数の店を見てからでしか買えない難儀な性格だったりします。日本から持っていったメジャーはお気に入りのものですがいかんせんメートル法のみで、フィリピンではフィートやインチを使うのでたびたび戸惑っています。それで小さなものを探していたのでした。まぁそんなことはどーでもいいって!!??そうですね。

 

クバオからLRT-2に乗ってカティプーナン駅へ。券売窓口が空いていたので[ストアーバリュー]と呼ばれる回数券を2枚購入(1枚はスタッフ用) 長蛇の列に毎回並ぶフィリピン人はけっこういたりします。不思議です。さて駅で韓国人のJさんと合流。お金持ちの子供が行くと言われる(フィリピンの慶応大学??)アテネオ大学の側を通り近くのカフェでパニーニを食べる。宿ができたらいずれこんなメニューを出したいって思うようなオシャレで美味しかった。

 

その後は彼が中古のガスレンジを買ったらしく韓国人の6人乗る車に日本人1人まじってお宅を拝見。UPビレッジ内にあるその家は、彼が足を使って物件を探しじっくり交渉したというだけあって安くて庭のある家でした。ちょっと羨ましい・・。独立した一軒家は門限とか定員とかあんまりシビアにならなくていいのがいいね。逆に僕の方はフィリピン人の家族とコミュニケーションが取れる事がよかったりもしますけどね。このあたりの一軒家の相場・・・というかその目安ができてよかったです。

 

あと韓国人のコミュニティで中古の家電製品とかを安く手に入れているみたいで『いいなぁー』って思った。フィリピンは中古家電でもそこそこ高いですが、それでも安く手に入るのは、韓国に帰る人が置いていくものなら値段はあまり気にしないのかもしれません。その後はネットのできるカフェでお茶をして周辺を歩いお別れしました。彼はアラバンで就職して働きながら事業を進めるみたいで『(アラバンに近い)MAに滞在させて欲しい』と依頼されましたが、彼の仕事が深夜帰宅なのと、MAの定員が4名なので難しいです。でも、いろんな仲間がマニラのいろんな所にいるとちょっと滞在するのに便利なんだろうなぁって思った。

 

 

韓国人のJさんと別れ、となりのアノナス駅へ。日本でシステム開発の会社を経営してるSさんと、英語学校(兼その寮)で話をしました。彼は今回は家族と来ているみたいでその学校の小さな寮は満室になっていました。マニラで銀行口座を開設した時に10万ペソが必要になったらしく、両替所で1000ペソ札を100枚数えたっていってました・・・なんかドキドキですね。普通の外国人はどうやら保証金としてその額がいるらしい。僕は家を借りたのが先だった関係かスムーズにいきラッキーでした。

 

あと彼は新品のカメラをマニラに持ち込む時に500ペソの税金を払うことになったようです。僕も今回マニラに来る時は『税金をかけられないかビビってました』・・なんせ40KGもの電動工具やパソコン備品ですから。幸いにして僕はノーチェックで、彼は『運が悪い』といってましたが、カメラ1台だったのがまだ救いかなって思います。やっぱ新品は『販売目的』とみなされやすいのだろうと思います。僕は軽量化のこともあり全部箱から出してきましたけどね。もし箱のままだったら赤外線でチェックされた時にやばかったかも??

 

1つ[050+]というサービスがあるのを教えてもらいました。どの国にいてもネットさえつながっていれば普通に電話ができるのだとか。それが良いのは日本からその番号にかけてもらったらフィリピンにいても普通に使えるという点ですね。やっぱり国際電話だと思うと電話をかけづらいじゃないですか。だからむしろゲストハウスの電話番号として最適なサービスだと思いました。またネットが常時接続になったら登録したい。彼はすぐ日本に帰ってしまうけどまたマニラに来る。その時にはぜひMAにも来て欲しいです。うーん。定員4名ってのは思ったより厳しい・・・せめてビジター2名(2泊まで)を追加してもらえないかまた相談したいです。たまにでいいんで・・・。

 

 

 

2012.08.10・・・いろいろ忙しい

 

今はMAに一人っきりです。

 

■昨日したこと・・・。

・WILCOMでドライバーのビット購入。フィリピンは木材が高いかも・・・。

・木の棚に塗る茶色のペンキを試しに小さいのを買った・・・少し赤みがかってていまいち。

・トイレにフックを付けた。・竹でメインのドアノブを作った。

・FTIのマーケットで家具屋のオーナーと話をした。木が欲しいといったらOKみたいなので

 またスタッフを連れて行くつもり。いろんな木が卸値とはいわないが+1割くらいで手に

 入らないかなぁ・・。

・ベッド用のシーツを発見。・今あるのと同じハンガーを追加購入。

・リサイクルショップで家具を物色・・・メジャーがインチなのが辛い・・・。

・MAのルールを仮で書きだしてみた (またMちゃんにも見てもらおうかな)

・野菜サンドを作ってホストファミリーにあげた。マザーとKちゃんについて話をした。

 

■今日したこと・・・。

・昨日とは違う茶色を買ってきた・・・品揃えにばらつきがあって面倒だねぇ。

・BICUTANから東のエリアを散策。ちらほら建材屋がある。スペアキーを作る(2個で70ペソ)

・今日は暑い日で夕方にシャワーを浴びたら水が温かくて嬉しかった。

・ACEでセールしてたらのでついにヒーターを買った。パナソニック・・・水曜に取り付けに

 来るらしい。おまけで電気ケトルが手に入った。

・インターン希望者と会ってきた・・・8月15日から1週間滞在してもらうことに。

・Pocket WiFiの問題を見てもらってきた・・・解決せず。

・かわりにスマートのUSBタイプを買ってきた。1300ペソ位したけどネットが240時間

 フリーなのでありかも。あとSUNのブロードバンドSIMも手に入れた。

・9月からのインターンが2名確定して連絡とか。

 

■明日は・・・。

・ケソンでアポイント。できればもう1人とも会いたいが連絡まち・・・他みてい。

 

■ちかうちにしたいこと。

・時間があればペンキの試し塗り。スタッフが復帰したらキッチン棚の塗り替え。

・ドアノブやドアの修理部品がバラ売りだと高いのでまとめ買いできる所をさがす。

・冷蔵庫・家具類などなど・・・。

 

 

2012.08.09・・・1人の夜

Mちゃんが昼過ぎに日本に発ちました。彼女がいてくれたので食事の買い出しやら朝食やらお茶やら・・・とにかく助かりました。感謝です。また10月にMAに来てくれるようなのでそれまでにMAをバージョンアップさせて驚かせてみたいものです。

 

またもう1人。スタッフのJがお婆さんの他界により田舎に帰りました。これで昼も夜も1人ぼっちです。なんとかインターネットの更新ができたのでホッとしていますが少し寂しいのと1人で活動するのは退屈ですね。Jもいちじき一人でしてくれてたし僕もがんばろう。

 

今日は午後から買い物に行きました。電動ドライバーの先端が一番ほしかったのですがSMモールになかったのでWILCOMという建材ホームセンターに行って手に入れました。ついでというか木材の価格を調べてきましたが、フィリピンは木材が高いですね・・・。日本なら1×4とかの安い木があるのですがそういうタイプの木がないようでした。ローカルな材木屋さんをまた探したいとおもいますがそれはJが帰ってきてからになるのかな。あとここでは木の棚やドアに塗る茶色の塗料をみてきました。以前に塗ってみたウッドステインが既に塗ってある棚の色にあわなくて、今回はステインではなく塗料を選びました。重いので大きいのを買うなら別のモノといっしょに後日配送してもらうことにして、今回は最小のものを買って実際に塗ってみて色をみたいと思います。

 

次に行ったのがSuper8といわれるディスカウントストア。大きな倉庫に安売りの雑貨やら家具やら多種多様なものがあります。そこでは199ペソという格安のベッドカバーと、MAにあるハンガーの色違いなどを購入。ちなみにMAはMAX4名なので4色でロッカーやハンガーなどを色分けして使ってもらおうと考えています。大人数で住むにはルールが必要(というかあると皆が快適に過ごせる)と思うのです。話はそれましたが、あと球形の奇妙な陶器を買いました。レジに持っていくとBuy1/Take1(1個かうともう1個サービス)らしく、もう1個えらびに戻りました。何に使うかわかりませんが、こういう安くて面白いものは何かに使えるはずです・・・たぶん・・。

 

さて次に訪れたのはそのとなりにあるDIYショップ。その2階が100円均一のような売り場になっていてタッパーやらネットやらを買いました。よく考えてみると66ペソとか88ペソとかって日本より高いよね!??そんな事を考えながら静かな夜を過ごしています。

 

とても疲れたので洗濯は明日にしよう。

 

 

 

 

2012.08.09

(6日にマニラに到着して少し落ち着いたので日記を書きます)

 

出発の日、関空で人と待ち合わせをしていました。前の日記に書いた人と少し行動を共にするためです。チェックインカウンターでそれらしき女性を見たのですが、あちらは全く気にしない様子だったので『もしかしたら別人かもしれない』。そう思い発着の待合室に行ってから探すことにしました。

 

関空ではいつも日本円の小銭をコンビニで使いきってから出国します。微妙に重いですからね。デザートと飲み物を小銭がなくなりやすいように選び小腹を満たしました。その日の関空は前回よりずっと混んでいて出国の手続きに時間がかかりました。混んでいる時期は航空券も高いので次回はできるだけこの時期は避けたいものですね。

 

なんとかギリギリに搭乗に間に合う。待合室で待っているかと思った女性の姿は見えず、しかたなく機内に入ると最前列に座っていました。女性が『はじめまして』といったので僕も軽く挨拶をして『またマニラに着いたら出口で待っていて下さい』といってその場はおわり。まわりの人は『はじめまして』って発言をさぞ不思議がったことでしょう。

 

 

マニラは雨でした。荷物も多く2人ということもあり空港タクシーを使ってみることにしました。少し高いとは聞いていましたが普通のタクシーに乗って遠回りとかされたくなかったので、、特に今回は現金も多めに持ってきてることですし・・。 で、タクシーですが前払いと聞いていたがメーターのみと言われ乗ったものの、メーターの進みがやたら速い気がする・・・でも初めてなんで感覚がわからない。結局は普通で200ペソくらいの距離で1000ペソも払うことになりました。空港タクシーとはいえ高すぎかなって思ったけど、メーターだったのとケンカするほど元気もなかったのでしぶしぶ払いました。こんな旅行者が多いからダメ運転手も図に乗るんだと思います。ごめんなさい。でもダメ運転手のせいでマニラの評判が悪いままで観光客が少ないままでフィリピンの経済発展が遅れていると僕は思う。それはダメ運転手に跳ね返っていくのは自業自得ですが真面目なフィリピン人がかわいそうかも。

 

 

MA(家)に着くとMちゃんとJ(スタッフ)が待っていてくれました。女性Kちゃんを紹介して軽く食事をしました。マニラはそれから3日くらい大雨が降っていてあちらこちらで洪水です。その日もJは家に帰れず泊めてあげることにしました。約2週間ぶりのMAは前よりペンキ塗りが進んでいて生活備品も揃ってきていました。これからもどんどん良くなっていくでしょう。

 

さてもう1人、泊まっているはずの男Tがいません。聞いてみると『よくわからない』と皆が首をかしげます。どうやら他で泊まっているらしいのですがパソコンとかは置きっぱなしにしてある。どこで泊まってもいいけど、連絡を入れておくのが居候としての礼儀だと思ったので後で注意しようと思います。

 

その後、無計画で来たKちゃんのお世話とMちゃんとして、翌日の宿(islas8817)を案内しました。2日だけ泊めてあげてKちゃんとはお別れです。本人にあまり自覚はありませんが、初マニラで宿も決めてないというのがどれだけ無謀なことか、、。土地勘がないとちょっとした移動も本当に大変な町ですから、宿はたいてい分かりにくい所にあるし、住人が旅行者向けの宿を知っていることはまずありません。僕も忙しいのでお世話はできないけど性格は素直で良い子だったのであとは幸運を祈るのみです。

 

 

2012.08.05・・・偶然

明日からマニラ。僕はいつものようにオンライン英会話をしていた。

 

僕が「いよいよ明日にマニラへ行くよ」というと、先生が「他の生徒もあすマニラ

に行くって言ってたよ」って言い出した。聞いてみると女の子が初のフィリピンで、

(英語留学するらしいが)ピックアップなし・・・で夜に到着する便らしい・・。

 

 

『あらまぁ、なんて無謀な!!?(^_^;)』

 

そう思って、もし時間が近ければタクシーをシェアしてホテルまで送ってあげても

いいな。と時間を聞いてみると、どうやら偶然にも同じ便らしい! そこで先生の

誘いでスカイプが3人のミーティングモードになる。

 

女の子:日本語でいいですか?

はせ:いいよ。どうやら同じ便みたいだからタクシーで宿まで送ってあげようか?

(※マニラのタクシーはトラブルがままある・・遠回り・高額請求など)

 

はせ:宿はどの辺?

女の子:まだ決めてないです。

 

『あらま』・・・なんか危なっかしいし、これも何かの縁なので、僕の借りてる家に

泊めてあげようか。と思ったが、『いや、まてよ、女の子が知らないオッサンの家に

って怖がるんじゃないかな??』って少し躊躇し、そろるおそる「借りてる家(MA)が

あるけけど泊めてあげようか?」って聞くと。「ありがとうございます」って。

 

いちおう共通の先生で少しは身元もしっかりしてるし・・・。

 

「(MAに)女の子と男の子が既にいるから安心して」といちおう言っておいた。

 

そこで連絡先を交換した。明日・・関空で合流できるはず。

 

MAにいる仲間に『もう1人、泊まることになりそうだから用意しといて』って連絡

して、とりあえず終了。まぁこういうのも旅の楽しみなんでしょうね☆

 

 

2012.08.05・・・発覚

ほんの2時間ほど前。スタッフJが無断でMAに宿泊している事が発覚した。MAには

日本人の若者が男女各1名滞在している(ペンキ塗りとかできる範囲で手伝ってもら

っています)

 

昨夜スカイプでその1人と話した時に(深夜にもかかわらず)Jがそこにいたので薄々は

気がついていたけど、今日は本人から「明日からはせが帰ってくるから泊まれない」

といったニュアンスのことを言ってきたので、「誰が君に許可したんだ!!」と

スカイプにメッセージを送ったら途切れた。その後でフェイスブックにも「許可無く

宿泊してはいけません」とメッセージを送ったら、後で謝罪してきた。

 

■許可は取ってません。■(泊まれば)職場まで近いと思って。■ごめんなさい。等々。

 

謝ったのでアッサリと許すことにした。

 

 

彼も僕らの仲間で『一緒に泊まりたい』という気持ちはわかる。僕も彼がいい奴だ

から『泊めてあげたい』という気持ちもないではない。でもこれは組織として許し

てはいけないと思う。彼は給料をもらって働くスタッフだから、公私の線引をシッ

カリとしないといずれ・・・会社の備品を『少しだけ』といって持ち帰るように

なったり、勤務時間中にフェイスブックに夢中(そんな厳格に管理する気がないが)

になったりするおそれがある。そしてそれが許される企業文化は安宿経営にとって

かなり重大な問題に発展していくだろう。

 

 

だから許さない。し、許してはいけない。

 

この宿泊に関しては福利厚生といったジャンルだから、今は無理だけど、宿が出来

たら、その1部屋をスタッフの宿泊ルームとして安くで泊まれるようにしたい。

 

通いのスタッフの手前、無料で泊めてしまうと、不公平感がでてきて、通いのスタ

ッフに別の手当を出さないといけなくなるので、あくまで有料(そのかわり安く)に

するけど、部屋を用意したい。同じ建物がムリなら近くを借りたりして・・。

 

高給とはいかないけど『やりがい』や『活気』そして『居心地の良い』そんな職場

は少しずつだけど実現していけると思う。こじんまりとしたシェアルームで寝食を

スタッフと共にしたい(半分くらいは客用のドミで旅人気分を味わうけどね)

 

 

2012.08.03・・・欲しい人材

8月下旬から本格的にゲストハウス用の探そうと思っています。その前にフィリピン人のスタッフ構成をどうするか考えていました。以下はイメージしてるスタッフ像です。『人間的に真面目でいい奴』ってのは基本で優秀でも性格の悪いスタッフとは働きたくないし、素直であることは伸びしろの大きさにもつながると思うから。

 

【No.01】アシスタント・・・20代前半の男【現在のスタッフ】

英語と算数は少し弱いが人当たりがよく誰とでも仲良くなれるタイプ。少し方向音痴。パソコンが使える(教えたら伸びそう)。雑用も真面目にこなす。特殊能力(本人談):マッサージ・手話・バリスタ(コーヒー)・(一応)裁縫もできるらしい。

 

【No.02】メイド⇒受付スタッフ・・・20才前後の女。

若くて可愛い(美人でなくても好かれるタイプ)。地方から出てきた住み込みメイドから、そのまま受付にステップアップする感じ。なぜメイドがいいかというと、受付として雇うと洗濯とか掃除を嫌がりそうなのと、メイドとして働きぶりを見てから昇格させたい。料理もしくは裁縫(ミシン)が使えるとベター(必須ではない)

 

【No.03】マネージャー・・・23才〜35才の女(男でもいい)・・・[重要]

役所や会計業務などを手配できるだけの能力。本人が高い会計スキルがある必要はない(別でプロと契約すればいいから)。もちろん接客業なので接客スキルと英語力は必須。特にヤル気があるかは大事。いろいろと手配させてみて、手際をみたいところ。

 

【No.04】職人タイプ・・・20才〜30才の男。

接客スキルは低めでもいい。電気工事に強い人。ネットや水道工事や大工の経験もあるに越したことはない。それらどれか1つでもプロレベルなら、あとで木工などを教えていいくからいい。

 

加えて・・・受付などのアルバイトを必要に応じて。『書類作成』や『日本語会話』ができる人はいると助かる。『運転手』や『ウェブデザイナー』はいずれ。それから外部に『開業や会計業務』をアドバイスしてくれる人が欲しい。

 

出来れば開業時には男女各2名でスタートしたい。それに日本人のインターンを若干名。

 

2012.08.01

8月になりましたね。マニラに戻るのが6日・・もうすぐです。ここにきて『インターンの募集』を正式に告知しました。名前を『ヘルパー』にしようか『ボランティアスタッフ』にしようかいろいろと悩みましたが、インターンって言葉を検索した時に『アメリカではインターンの9割が無給』とあったのでインターンという名前にしました。

 

簡単に言うと『無料で宿泊』と『無給で労働』とギブアンドテイクなのですが、仲間と一緒にゲストハウスを作るってこと自体が良い経験になるとは思っていますが、僕の立場からは手を貸してくれている仲間に手を合わせたいくらいにただただ感謝×2です。

 

経営の観点から見ると日本人に日本並のバイト代を払ったら安宿がなりたたないという事情もあったりしますが、裏をかえせばペンキ塗りとかフィリピン人を雇ってしてもらっても1日で1000円未満だったりしますから、あえてインターンを募集するのは金銭的な面よりむしろ『一緒にした方が楽しい』ってことにあったりします。開業の準備は大変ですが僕自身はそれを楽しんでます☆

 

 

2012.07.28

マニラのスタッフから報告が入る。インターネットプロバイダーの手続きを頼んでいる。

大家さんの名義で大家さんとシェアしようという話になっている。そうすることで
支払いがシンプルになり、日本人の名前を表に出さなくてすむ(トラブルを防ぐ為)

そういう話だったのだが、ここにきて、大家さんがPLDT(日本でいうNTT)の電話代を
滞納しててブラックリスト入りしていることが判明。じっさい大家さん一家は経済的に
苦しい状態にあったのだろうから仕方がないかとは思う。

しかし2つ目の選択肢Sky internet は割高らしい・・・。

僕としてはこれから(少なくない)家賃収入が入るのもあるし、過去の精算はしてもらい
はれてPLDTでインターネットをしたい。それは大家さんとシェアしつつ、サブとして
モバイル系のサービスを試してみたいとも思う。

 

お金に余裕ができたら過去にさかのぼって借金を払うべきだとも思う。

 

 

2012.07.26

節電はフィリピンにおいては重要です。暑い。そして電気代が高い。

今している節電と今後の展望を簡単にまとめてみた。

 

☆実施済

・屋根裏に断熱シートを貼る。・部屋の隙間を埋める。

 

◯実施予定(80%)

・遮光カーテンを付ける。・エアコンの室外機の遮光をする。

・使用頻度の高いライトをLEDにする。・センサーライトを付ける。

・エアコン使用空間をコントロールする(減らす)。・数人でシェアする。

・ジェルシートを冷やして枕にする。

 

△実施検討中(40%)

・屋根裏に遮光塗料もしくは遮光ネットを貼る。・ミスト散水設備を付ける。

・窓側に緑のカーテン(植物)を設置する。・涼しい素材の寝具にする。

・屋根裏に換気扇を付ける。

 

▲いずれはしたい(10%)

・太陽光発電。・太陽光で温水にする。・地下にパイプを入れて空気循環。

 

※今は小さな家だからいいけど、ゲストハウス用の家だと重要になりそう。

 

2012.07.25

大きな旅行カバンが届く。100L入るこの軽量バッグ(約5kg)に荷物をドンドンと詰め込む。まずは電動工具類・・・ジグソー、ドリル、サンダー、グラインダー・・今回は4つ。ルーターとドリル2などは次回。次に入れたのが無線対応のプリンター・・・約4000円とマニラより安いから入れてみたものの場所を取るので今回は除外・・・現地で買うことにする。あとは食材やキッチン用品・・・カレールー、お好み焼き粉、同ソース、レトルトカレー。あと[柳宗理のトング]と[OXOのピーラー]それからシリコンスチーマー。ナイフ類は除外。あと頼まれた派手なレインブーツやらにスキマにはタオルやら。あとは・・・大工用のネジセットやら小物を少々・・・。

 

これで29kgになる・・・さすがに重い・・・。

 

あとラベルライターと振動タイプのカミソリを持っていくつもり。白米3kgなどは機内持ち込みに何とか入れれたら入れる。さて[Macbook air 11inch]が届いた壊れた13inchより画面は小さいが軽いのがいい。これをフタを閉じたクラムシェルモードで使いたいって思ってるけどしばらくはおあずけ・・。Dropbox入れたりAdobeのソフトをインストールしたりしたいがちょっと面倒・・・。

 

さて海外用の名刺に『あってはならない』痛恨の電話番号のミスを発見して2週間。新しい名刺を注文しました。今回はパラニャーケの住所やFacebookのURLなども入れました。またイラストも暑い夏に合わせて半袖バージョンです☆ それと注文ついでに『ゲストハウスの宿泊券』も100枚つくることにしました。有効期限は2013.12.31で番号と名前と何泊可能かを記入するようになっています。これをお手伝いしてくれた人などに配っていこうかなって考えてます。別の用紙でリストを作って管理した方が良さそうだね。とりあえず宿用のテナントを押さえたらプロモと称して『タダ券をばら撒きます!』・・・空室でおいておいてもしかたがないし、いろんな人に泊まってもらうことで宿も成長していけるものと思っています。

 

 

 

2012.07.23

地味にアレコレと忙しい。ただの旅行者じゃないのでマニラに持っていく荷物もバラエティーに富んでいる。電動工具や調理器具なんかも日本から持っていった方がいいものも多い。明日くらいには100Lクラスの旅行鞄が届くから詰め込めるだけ詰め込むつもり。

今日はマニラでスタッフが1人で働いているはず・・・。1人で大丈夫??ってちょっと気になる。いっこうに『インターネット開通したよ!』って連絡もないし、壁のペンキ塗りも到着する頃には終わっててほしいし・・。

1人で働くってモチベーションを保つのが難しく、サボるのも簡単。だから早いところネットでミーティングできるようにしたい。『すべき事』を1日1回でも確認しておくと随分と違うはず。

 

 

◇以下は第4回マニラ訪問(7/1-21)

2012.07.22

マニラ滞在中はパソコンがなかったり忙しかったりでブログはかけませんでしたが第4回目の訪問でもいろんな成果がありました。大きかったのは小さな家を借りたことです。なんせ滞在していたゲストハウスは安いのですがビジネスの拠点として動くには不便でした。借りた家は2部屋+シャワー室で住居とオフィスを兼ねるつもりです。まだ備品がぜんぜん揃っていませんが高速ネット回線やプリンターなどを完備するつもり、あと飲み水や洗濯の手間も軽減されそうです。詳しくは後日に写真付きでご紹介したいと思います・・・(成果1:滞在先を確保)

 

 

(成果2)としてはフィリピン人の男の子を雇ったことですね。とてもフレンドリーで人柄がいい。彼とは以前の滞在中にゲストハウスで知り合ったのですが無職(休職中)だったので帰国後にオファーしました。僕がオファーしたバイト代を『高いから・・』と自ら値下げをするような謙虚さがあります。僕はそういうタイプが好きです。素直な子は伸びしろが大きいですから。少し算数が苦手なのと英語も上手ではありませんが問題ありません。スタッフはチームでバランスを取るつもりなので、彼の苦手な部分はそれが得意なスタッフを後で雇うまでです。

 

フィリピン人を雇った感想としては、素直に『助かる』です。大工さんや電気工事の人などの間に入って交渉をしてくれますし(決して交渉力があるタイプではないが明るく仲良くなれるのがいい)

銀行口座を作る時にも同行してもらいアッサリと口座開設ができました。今はいくつか頼んだ状態でネットが開設されたらスカイプで打ち合わせなどしたいって思っています。

 

 

(成果3)銀行の口座開設。あっさりとクリアできました。タイでは少し難しいようだったのでわざわざ紹介してもらうために証券口座まで作ったりした(今あっちに資金がホールドされてて少し困ってる) 選んだ銀行はBPI。前にずーーとどの銀行がいいかを考えていましたが、家から近く大家さんがその銀行を使っているって事であっさりとそこに決まりました。たいてい決まる時というのはそんなもんです。ちなみにオンラインバンクが使えるらしいのですがまだ試してません。

 

 

(成果4)やはり今回も出会いに恵まれました。つくづく幸せな男です。バンコクで知り合ったTさんやゲストハウスで知り合ったMちゃんなどがリフォームに手を貸してくれました。他にもゲストハウスで知り合った若者と人生について語り合ったりしました。ゲストハウスの魅力は何といってもソコだと実感しました。あと前回に知り合ったTやUとも別の宿で再開した。それぞれ進捗があってワクワクした。あとWさんにも会え他の日本人経営者を紹介してもらったりした。

 

ネットで知り合った人とも2人(正確には3人)対面してきました。まず韓国人でマニラでゲストハウスをしたいってJさん。テナント探しの体験談を聞いたり、韓国コミュニティのことを教えてもらったり良い情報交換ができました。マニラは日本人以上に韓国人が多いのでコミュニティは発達しているように思います。もう1人はケソンでアニメなどの雑貨屋さんを始めるAさん(とその仲間Sさん) フィリピン人のパートナーが優秀みたいで、あっという間に会社を作ってテナントなんかも決めてきたようです。フィリピンでのビジネスで足元をすくわれないような工夫もいろいろと考えてのチャレンジです。日本のアニメやキャラクターはフィリピンでも人気ですから今後が楽しみです。

 

そうケソンで英会話学校を始めたフィリピン人Kとも会ってきました。若くてキレイで気さくで元の学校でも人気あったんだろうなぁって思いました。テナントの家賃や2段ベッドの価格などいろいろと教えてもらいました。この学校もまだ始まったばかりですが上手くいくことを願っています。

 

 

さて『今後どうするか』についてはまた後日かきますが、とりあえず3週間ほどでマニラに戻るつもりで、今は日本で引越しの準備をしています。Lサイズの旅行カバンに電動工具やら日本食やらいろいろと詰め込んで戻ります。

 

2012.06.26

 

ときどき韓国人の起業家とスカイプで情報交換をしています。日本在住の好青年で彼もマニラで宿屋(語学学校の紹介業を兼ねる)を考えている。同業者となるのだろうが開業までにクリアする課題は似たようなものが多いだろうし彼と知り合えたのはラッキーだと思う。

 

さて[不動産契約]についての考えを書いておきたい。フィリピンの法律では大家さんの権限が強く、また外国人(金持ちだと思われてる)が借りるとなると高い家賃を提示してくることが多々ある。僕は何人ものフィリピン人から『日本人という事は隠した方がいい』とアドバイスをもらっている。

 

だが逆に日本人の経験談を聞くと『意外にそうでもない』という話を聞く。大家さんは高い家賃を掲示してくるが、そこは『交渉次第だ』というのだ。むしろ『フィリピン人は交渉力がない』と言い切る日本人ビジネスマンもいるくらい。僕は交渉力も大事だが、それ以前に『相手の状況』と『こっちの状況』がかなり影響してくるように思う。

 

人気のエリアで『他に借り手はいくらでもいるぞ!』ってことなら例え交渉力があるフィリピン人が借りに行っても安く借りることは困難だろう。逆に借り手がなかなかない物件については、大家も『安くしてでも貸したい』と考えるのが自然だ、不動産は(ホテル業と同じで)カラのまま放置しておいても収入はゼロだ。しかもテナントはどんどん悪くなる。

 

僕はケソン市にある某駅の周辺をとても気に入っている(第一候補エリア)。しかしその場所にこだわるべきではないと思っている。借りるテナントは宿屋にするから小さくはない。また空間を手作りしたいという趣味の部分があるので、簡単には引越しできない。じっくり情報収集して選びたい。

 

[交渉する上での理想的な物件]は一般の人が借りるには大きい商業用ビルで上のフロアが住宅用になっている感じ。建物の構造はしっかりしているが修理やら問題がある。2年くらい買い手が見つかってなくて値下げしたがまだ買い手が見つかっていないくらい。実は僕のイメージよりは3倍くらい広いが6000万円くらいで売りに出ていたそんな物件があった。そんな大金はないけど、その6階建てのビルを3フロアくらいを借りれないもんかと思ったりする。また見に行くつもり。

 

もう1つ見ることが決まっているのが、パラニャーケの一軒家。オンライン英会話の先生が相続やらで手に入れた家。まぁまぁ広く古い。先生は人に貸したり宿屋にしたいようだが、今の状態では日本人は借りないだろう。またリフォーム代はなさそうなので、それを肩代わりしてあげるかわりに長期の安定契約を結べたら、そこもありかもしれない。空港から近くマカティからも近い。リフォームはせずに仮住まい(荷物置き場)としておくのもいいかもしれない。

 

実は宿屋を始める前に、準備事務所兼住宅(以下A)というのは前から考えていて、いきなり広い家を借りて持て余すより、Aでモデルルームを作ったり、日本から荷物を少しずつ運んだりして準備をすすめるのもありかと。とにかく今回の訪問ではいろいろと見てきます。

 

 

2012.06.24

マニラ再訪の日が近づいてきました。地味に英語学習をつづけてますよ。昨日は[英語組み立てTOWN]ってアプリの2周目を終えました。同じテキスト(アプリ)を反復するって大事で、特に1回目と2回目に2ヶ月ほどの間をあけてすると『上達してる☆』って実感が得られます。

 

僕は高校時代に英語をほとんど勉強してなかったので、スタートラインが中学英語からでしたが、『やっと文法がなんとなく分かってきたかな??』ってレベルに来ました。まだまだ先は長いですが着実に進んでいく自信ができつつあります。

 

さて、最近は気分転換を兼ねて『宿の家具を木工で作ったら』って想定でアイデアを集めたりしています。天井が少し高ければ『(天井固定式の)3段ベッドにしようか』とか『靴箱に傾斜を付けたい』だの実現させたいことは山ほどあります。宿の前に小さな家を借りたなら『木工できる場所も確保したいな』って思います。とはいえ全部つくるのはスグにできないので、最初は市販のもので始めておいて、少しずつ置き換えていくことになるのかな?? 家具が作れるフィリピン人を雇いたいものです。熟練した人よりむしろ若くて、創作を楽しめるタイプと一緒に作るのもいいかな??

宿の規模から言って、彼にも接客をしてもらうことになるだろうからね。

 

宿のコンセプトについてもイロイロと考えている。そのうち1つのキーワードにしたいのが『多目的』っての。洗濯物を干すスペースが時間帯によってはエクササイズできたり、、。昼間に勉強とかできる共用スペースを夜にベッドスペースにするってのもいい。たいてい2段ベッドは昼間は使われていない。だからベッドが簡単に収納できたら、その分だけ安いプランができそう。もちろん工夫がいるけどね。

 

 

2012.06.15

次のマニラ訪問は7/1-21に決めました。航空券が安い(今回は往復で24000円)ことと今の段階で長居しても中だるみするだろうなどの理由でヒットアンドウェイをしています。

 

今日はマニラにある日本人経営の不動産屋さんについての情報収集などをしていました。地味ですが情報収集というのも大切なことだと思います。あと賃貸契約書のテンプレートを入手して和訳したりしていました。いずれホンモノにサインをするワケですから少しでも馴染んでおきたいものです。

 

さて『目的を達成する為の方法』として少しお話したいと思います。よく言われるのが『優先順位をつける』ですよね。大切なことだと思います。僕にとっての目的は[ゲストハウス起業]です。それを少し分解すると『英語学習』と『テナント契約&会社設立(以下,前準備)』になります。『宿をどう運営するか』ってことは後の話です。実際にアイデアはいっぱいありますが『いま集中すべきことではありません』・・優先順位を付けて進めているつもりです。

 

あとよく聞くのが『1つの事に集中する』です。これも大切なことだとは思います。あれこれしているとどっちつかずになりやすいですから。でも1つの事をずっと続けるってけっこう大変です。英語をずっと勉強していても集中力が持続しないのです。また[前準備]も地味な活動が多くそればかりしていると嫌になります。なので僕が取っている方法は『1割の遊びを作る』です。

 

その『1割の遊び』とは英語学習の合間にタガログ語を覚えたり、その他の言語の挨拶を覚えたりです。また[前準備]の方でいえば『どんな宿を作るかを考える』です。これは楽しいです。こればっかしていたい位に楽しいことですが、やはり1割にとどめておいた方がいいでしょう。[前準備]が進まないかぎり楽しい空想は永遠に実現しないのですから。

 

 

 

2012.06.11

地味だけどコツコツと英語の勉強を続けています。勉強の中心は『音読』・・これは英語のフレーズを覚えるとかだけじゃなく発音の練習にもなる。『音読』は何げに最強の勉強法だと思う。その中で単語を入れ替えてみたり工夫はしています。

あとは『オンラインでの英会話』・・これは英語を勉強する上での『モチベーションを高める』という効果・・・平たくいうと『もっと話ししたい!』って気持ちになるためにしている。あとは覚えたフレーズを実践で使うため。よくフィリピン人の英語力はイマイチ・・っていう事を聞く。実際に簡単な文法も間違う先生もいるにはいる。でも僕はそれでもいいと思ってる。少なくとも僕よりはずっと上で、中学生が高校生に教わるイメージ。例えるなら方程式を教わるのに微分積分まで出来る数学教師より、教え上手な同級生や先輩に教わる方がヤル気が出る感じかな。

 

僕にとってのオンライン英会話は英語以上の意味を持つ。フィリピンでビジネスをする上で習慣や文化を聞くにはフィリピン人に聞くのが一番だ。あれだけの人数がいればいろんなタイプの先生がいていろんな質問ができる。とても有意義だと思ってます。

 

 

 

2012.06.05・・・『第3回マニラ訪問のまとめ』

 

・フィリピン人の協力者とテナントを見に行った(1回のみ)
・フィリピン起業家セミナーに参加した。
・日本に会社があってあっちに拠点を持ちたい人と会った(2人)
・あっちで起業した若者とあっちで活躍したいマジシャンの若者と仲良くなった。
・宿屋のオヤジさんとビジネスの可能性を話し合った。
・ある宿屋で知り合ったフィリピン人(無職の男の子)と友達になった。
・その宿で英語の上級者で中国語も喋れるという男性と知りあった。
・あっちで働いている音楽プロデューサーに街を案内してもらった。
・彼の友達で日本食料理屋のおじさんと知り合った。
・オンライン英会話会社の経営者2人に会って話を聞いてきた。
・新たなゲストハウスを見つけたり、賃金相場などに詳しくなった。

・宿屋で急病になった日本人男性を病院まで付き添った。

・僕自身が坐骨神経痛で3日ほど身動きが取れなかった。


・マニラでゲストハウスをしたいという日本在住の韓国人と知り合い
 後日、スカイプで意見交換をするようになった。

・・・・・・・・・・・・・

 

次の手をどうするか考えていますが、主に3つ(それを組み合わせたりしたい)

(宿の候補地としては1ケソンが有力で、いちおう次に2パラニャーケかな)

 

Aコース:パラニャーケ

安宿に滞在し、ボクシングジムに通い、地元民を雇ってタガログ語を覚える。

ビジネスでは宿屋のオヤジさん、Wさんなどに話を聞いたりできる。

 

Bコース:アバッドサントス近く

安宿で若者2人と生活を共にして助け合う。フィリピン人Jは雇う方向で調整中。

Jに協力してもらい不動産を下見したり準備を進める。

 

Cコース:ケソン

もう1度学校に通う。あるフィリピン人の協力者と会いやすい。個室なので
仮事務所として活用できる。ただし元いた学校は満員のため2〜3ヶ月おくれる

かもしれない。ケソンにある他の学校に通うというのもありかもしれない。

 

 

いってもゲストハウスは小さなビジネスなので最初はダミーオーナーを立てる

方向で考えている。しかし次には正式な法人にしたいので、信頼できるフィリピン人
を3人以上は作っていきたい。しかも、それぞれが独立している方がベター。


とりあえず6月の末までは、家の雑用や、仕事少々、あと英語を勉強していきます。

2012.06.04

帰国して3日目の午後にしてようやく疲れが取れてきました。遠征中はそれなりにタフな生活をしてて、色々とあったから『燃え尽き』のような状態だったのかもしれません。ままあることです。午後からはマクドナルドで普通に勉強や読書をしてました。ヤル気は戻ってます。

 

いちおう色々と経験した36才な僕は『モチベーションの管理』も『ポジティブシンキング』も出来るようになってます。『楽天的な性格』というのはある種の才能でもあるが意識して獲得できるスキルでもあると僕は思っています。フィリピンで起業ってそれなりにいろんなトラブルがあるのでしょうが、少々のトラブルは話のネタになるのでドンドン経験したいとすら思います。

 

■今よんでいる本・・・帰国したら図書館にすぐ行きます。

『憂鬱でなければ仕事でない』・・・幻冬舎の見城さんとサーバーエージェントの藤田さんの本。

『常識を疑え(って感じの本)』・・・(宇宙関係)ハヤブサのプロジェクトリーダーの人の本。

あと英語学習関連が2冊と、勉強法についてが1冊、その他ビジネスの本1冊。

 

 

2012.06.03

帰国して2日体の疲れが取れません。しかし旨い日本食や速いネット環境など贅沢三昧です。そんな中で郵便物を処理したり、英語の勉強を旅モード(MP3中心)から通常モード(音読など)に切り替えたりしています。次の計画は少ししてから考えてたいと思います(戦略的放置期間とでもいっておこう)

 

今回の旅はパソコンが壊れ、予備の重要性を再認識した。バッテリーがダメになって自宅専用となっている[i pod touch] そして壊れたMacbook air 。もうすぐ発表されるであろうアップルの新製品を買いたいと狙っているところです。メインはbook、サブはtouch、としたい。

 

あと今回の旅で、フィリピン人の置かれている雇用環境が少しずつ理解できてきた。フィリピン人の従業員としての質がしばしば問題になるが、その原因の1つに『経営者が安い労働力(商売の道具)として扱っている』というのがあるように感じています。それを感じている従業員はそれ相応にしか働かなくなるのはある意味で自然かとも思った。そんな中でシッカリと働いているフィリピン人も少なくない。人選は大切だとつくづく思います。

そんな中で募集と選別に多くの時間を割く必要がでてきそうですが今の僕は少し違う印象を持っています。モールなどで働いている人の多くは期間雇用らしい。そう考えると、町中で『笑顔で接客』できているフィリピン人を1本釣りする方が合理的なんじゃないかな??って思ったりしている。もちろんお世話になっている学校から『引き抜き』って事は(基本的に)しません。そういう事は回りまわって自分に跳ね返ってきますから。

 

次の訪問では、調査したりタガログ語を教えてもらったりするために1人か2人を個人的に雇おうかとも考えている。厳密には違法だろうけど合理的な言い訳もできるし言わなきゃばれない。そして少しなら許容範囲だろうと思う。フィリピンでは臨機応変に立ちまわる必要があると感じてます。

 

◇以下は第3回マニラ訪問(5/13-6/1)

2012.05.31 (6/1帰国後に記憶を元に書いています)

ここ2日ほどは帰国までの消化日といった感じです。Wさんに案内してもらったBFホームを自分の足で歩いたりしていました。31日の午前は晴れていましたが午後になると雨が降り出し、雨脚が強くなったと思ったら、宿を出てスグの道が川になっていました。マニラの道路はちょっとの雨ですぐに冠水します。『これが雨季だったらどうするんだろう??』って思います。やっぱり宿の場所は雨季の状況をシッカリみておいてから決めた方が良さそうです。

 

 

(ついでに6/1) 空港で行列に並んでいると空港職員に『ジェットスターか??』とか聞かれ、『こっちに来い、EXPRESSだ!』といったことを言われるままに付いていくと、途中でチップを要求された。言っている意味が分からない振りをしつつ急いでないからと別の列に並んだ。同じ空港の別の行列でも『EXPRESS→チップよこせ』を言われた。フィリピンのダメなところだね。

 

 

2012.05.29 (6/1帰国後に記憶を元に書いています)

音楽プロデューサーWさんに案内してもらいパラニャーケのBFホームを散策。こちらで年金暮らしをしている人たちの暮らしやマニラでのビジネスについて話を聞かせてもらう。Wさんはマラテかパラニャーケがオススメの場所みたいです。僕は生意気かもしれませんがマラテはパスです。たぶんネット系でうまくすれば場所は『極論すればどこでもOK』で、個性的で快適な宿を作ることの方が大事だと思っていたりします。一方でパラニャーケはアリだと思ってます。ただしジプニーで1本でいける範囲でないと旅行者用の宿でなくなりそうです。

 

あと彼に連れられて居酒屋螢さんに行く。彼がどんどん注文するので『おごりなのかな??』って思ったらキッチリ割り勘でした(^_^;) でも、下手におごってもらって借を作るのも何なので割り勘の方がいいかもしれません。『マニラにゲストハウスを作る』って事に賛同してくれて応援したいということでしたが、まだ初めて会ったばかりなので何を頼んでいいものか分からなかったというのが正直なところ。またいろいろアドバイスもらえると助かります。

 

 

2012.05.28 (6/1帰国後に記憶を元に書いています)

某オンライン英会話のCEOにフィリピンでのビジネスについて話を伺ってくる。副社長??も同席していろいろ話を聞かせてもらう。『フィリピン人との交渉のコツ』など・・。僕がするスモールビジネスとは彼らのビジネスでは少し違った感覚なのかもしれないって思ったが、自分のビジネスに置き換えていろいろと考えてみたい。

 

2件目のアポ。システムエンジニア系の会社を経営するSさんと会う。彼もこれからフィリピンに進出を考えていて情報交換をした。また今後も協力できることはしていきましょうという話になった。その後でSさんとYさんが会うことになっていてそこに同席させてもらう事に。Yさんはまた孤高のプログラマーといった感じ。仕事の内容はよくわからないが既に成功してて自由に行動ができる感じ。ふたりともビジネスのしっかりした土台がある感じがあり風格を感じる。

 

僕は『いちおう資金は貯めてきたけど潤沢ではない』ので、普段は貧乏な生活をしつつメリハリのあるお金の使い方をしてるから、ちゃんとした日本食レストランにすこしビビってました。500ペソだったのでOKですが、日本の経営者並のレストランだったらちょっと困るかも・・。

 

それにしても日本食レストランは流行ってました。この価格帯でもどんどんお客さんが入るのだから、ゲストハウスよりもっと高い価格帯の宿をする方が儲かるのかもしれませんね。でも、やりたいのはあくまでゲストハウスです。

 

 

 

 

2012.05.27 (6/1帰国後に記憶を元に書いています)

某フィリピン人Nの協力を得てアノナス駅周辺の調査。僕はここへ来るのは3回目だから位置関係はだいたい分かるようになってきてる。Nも僕がこのエリアを気に入った理由は分かってもらえたみたい。いくつか一軒家があったが休日ということもあって中までは見せてもらえなかった。Nはオシャレな家が気に入っていたみたいだけど、僕としては作りがシッカリしていて古くて大きくて安い家が借りたい。要望は徐々に伝えていくつもり。それにこのエリアの値段だけ見ても決められない。他のフィリピン人にも協力してもらって他の不動産も調査しておきたい。

 

それにしてもLRT-line2はやはりいい。

 

 

 

2012.05.23〜28 (6/1帰国後に記憶を元に書いています)

中国人墓地の近くにあるレッドキャラバオって宿で5泊しました。ここは豪華なホステルです。清掃やら設備の破損やら気になる所もあるもののスタッフは親切でいい宿です。ここでUとTが長期滞在しててフィリピンでのビジネスを模索してます。彼らと生活を共にして情報交換をしたり良い刺激を受けたりできました。


Uについて良いなって感じる点は『真っ直ぐにビジネスに取り組んでいる点』かなって思います。

(2人に言えることだけど頑張ってる姿を見ていると応援したくなってきます)

 

またTの特に良い点は『コミュニケーションスキルが高い点』これはマジシャンの特性なのかもしれませんが技術以上に必要なスキルかもしれません。英語が話せるというだけでなく周りと打ち解ける自然さはスキルと呼べるものだと思います。

 

そんな彼らとビジネスやフィリピンの事について語り合えたのも、やはりそこがゲストハウスだったからって事があると思います。『寝食を共にする』・・いろんな出会いが生まれるのが宿屋をやりたい大きな理由になっています。

 

 

2012.05.22

『(Twitter情報)フィリピン留学に来る日本人の数は、2002年50名 → 2009年1200名 → 2010年4000名 → 2011年10000名となっているそうです

 

すごい伸びですね。それにあわせて語学学校も凄く儲かっててどんどん分校を増やしている感じですね。こういった状態は経営者を色めき立せてしまってそうです。どんどん拡大したい』とか『高くても客が来る』・・・・『サービスや満足度が低下してでも利益追求した方が儲かる』・・心理的にはそうなりやすいと思います。いずれにせよ大きな変化は見ていて面白いです。
この伸びをブームという人もいますが、正確にはブームといった一過性のものではないと思います。おそらくブームという言葉を使っている人も意識しては使ってないでしょうが。

そしてその伸びは、他の産業にも波及していくでしょう。起業したい人が増える。正規の大学へ進学したい人も増える。旅行したい人も増える・・・といった感じです。僕もゲストハウスを作ることを公言してから『早く作って!』って声を聞く機会が増えてきました・・・早くしたい(異国でのハードルは色々あるのでもう少し待ってね)  そして僕の以前にいた学校の先生や、今しているオンラインの学校の先生も『生徒が泊まる所を探しているから、出来たらお客さんを紹介するよ』って言ってくれています。卒業した生徒がまた先生に会いにまたフィリピンを訪れることはけっこうあるようです。しかも学校は安くない上に短期滞在だと割高だったりしますから。

 

僕はゲストハウスを作った後はドンドン面白くて快適な宿を追求したいと思います。ビジネスの先輩には叱られそうですが『短期で回収できなくても平気』です。快適な宿に客に混じって寝泊まりして、これからフィリピンを旅する人に情報提供してあげたり、起業したい人の相談に乗ったり、面白い人がいたらビジネスコラボしたり、、そんなことがしたい。

今はいろんな人と会うのもアポを取って会うのは少し大変だったりしますが、宿の宿泊客同士ならそういった負担がなくゴハンを食べに行ったり語り合ったりできます。以前に学校の同窓会的なものを作った経験から、人が集まる場ってのは、素晴らしい出会いが頻発します。ビジネスマンや起業家どうしでも、ビジネスライクな付き合いでなく、友達付き合いをベースにした関係が築きやすいです。

 

それと宿のいいところは、プラスアルファで色々とチャレンジしやすい事ですね。ノマドワーカー向けのレンタルオフィス的なサービスもしてみたいし、日本語や日本に興味のあるフィリピン人を集めて、日本で英語を勉強している人たちとオンラインでコミュニケーションするイベントをしてもいい。あと僕としてはボクシングジムが欲しいし、たぶんそれにヘルシーな食事も提供できればダイエット合宿って路線も可能。まぁ1つの宿でするとコンセプトがぼやけるのでしませんが、他の宿を出すなら、例えば、、英語ができる託児所的な機能をつけて主婦が1ヶ月とか骨を休めにくる宿でもいいです。まぁ~オーソドックスすぎますが老人ホームもフィリピンは向いている国だと思います(これは他にあるから僕はあまりする気はないですけどね)

 

 

フィリピンの政府も、、、留学生からお金を取ることばかり考えずに、観光客やビジネスマンが安全にスムーズにビジネスをできるように配慮してほしいです、、、警察にたかられたとか大家に足元を見られた、騙された、、、そういった話は頻繁に耳にします。

もし快適な国になったら、、もっと経済発展して、、、結果的に物価や人件費も上がり、、、今の良い部分が半減する、、、といったジレンマがあったりもしますけどね、、、何にせよ今のフィリピンは少し危険で、汚くて、うるさくて、臭くて、不便で、物価の安い、人が優しい、楽しい国です。

 

 

2012.05.20
昼間はけっこう歩いた。マカティも広く場所によっては手頃なサイズの空きテナントがある。もちろんサイズが手頃でも値段は手頃じゃないんだろうなぁ〜って想像します。坐骨神経痛の痛みは小さく歩けると判断して宿を出たがかなり歩いたことも関係してか帰るころには辛かった。

宿ではエアコンの効いたベッドで涼みつつ、唸りながら仮眠した。夕方になると痛みも収まってきて夕飯を食べに宿を出た。近くに店が少ないのは不便だ。バーガー屋やサリサリストア、ランドリーショップがあるのはいいが、食べる所が少ないのと水を確保するのが面倒です。


あと今いる宿はシャワー室に換気扇がないので、シャワー後はしばらくトイレにもいけない感じです。あと問題点はネットが遅いこと。良い点はロッカーがある。防犯カメラがある。ベッドにカーテンがあるってことでしょうか。ちなみにベッドのカーテンはプライバシーが守れる点ではいいのですが、コミュニケーションが生まれにくいという面があります。共有スペース的なものも充実してません。小さい宿なのでしかたありません。全部で5室。すべて4人がMAXといった感じです。

 

さてMacbook airが壊れかけてます。キーボード部分とディプレイ部分が分離しそうで画面も乱れだしてます。Facebookやメールでのやり取りが多いので少し困ります。前回はiPod touchを予備として持ってきてましたが、それは充電池がイカレテ。新製品まちです。6月にMacbookも新しいのが出そうなのでairとtouchを新調するかも。

さて某オンライン英会話の経営者と28日(月)にアポがとれました。あと2人のフィリピン人と連絡をとりあってますが、メールだと手間ですね。電話した方が早いのはわかっているけどフィリピンの通話音質の悪さの中でスムーズにいくか不安でつい文章に頼ってしまいます。でもいちおうチャージしとこう。

2012.05.19

昼にネットで知り合った起業家とリトル東京で食事。僕はリトル東京をよく知らないので早めにマカティに行った。リトル東京を聞いてまわって待ち合わせの新宿ラーメンにたどり着いた。コンビニで時間をつぶし時間になって相手から連絡があったが姿が見えない・・。

 

『もしや??』って思い店員さんに聞いたら、やはり支店だった・・・。チェーン店だと最初は思わなかった。まことにウカツだった。店員さんに助けられタクシーに飛び乗って10分ほどの遅刻。ごめんなさいしました。2人して醤油ラーメン250ペソを注文して、出てきた塩ラーメンを気にせず食べる。その人はネット通販で日本のアパレルブランドを立ち上げたいらしい。スーツ姿で暑そう。僕がネットとかを先行させているのを『先走ってません?』とかズケズケと言ってくれる。仲の良いYさんに言われても何にも思わないが初対面の若者に言われるのはいい気がしなかった。あとFacebookで広告を出しているのも『お金の無駄じゃないです??』って。僕はテストとしてしてるんだからいいんだよ。ってやさしく答えましたけど。正直なところ彼とは相性が良くないようでした。今回は相手からコンタクトがあって会ったのに、僕がまだ準備段階だということも読んでなくて『もし始める段階だったら一枚かみたかった』って言われました。

あと『決め付けが多い。フィリピンはゲストハウスに女の子で1人で泊まるなんてない。と彼は言い切ったので、『ゲストハウスに泊まったことある?』って聞いたら『ないって。僕はその前日まで女の子の個人旅行者2人と同じ宿だったんですけど・・・。あと『自分のお世話になっている●●さんは良い人であとはみんなダメ』とか『日本人宿はどこも成功してる(そーでもないよ)』とか。まだいろいろ思うことはあったけど、あまりネガティブな感想を続けるのも良くないのでやめますね。

 

夕方には起業家セミナーに行って来ました。例によって早く会場に到着した僕はあまりに暇だったのでグローバルシティ内を散歩してました。マニラでもマンションだらけで外と隔離されたような世界です。シティ内をベンツ製のバスが循環していました。会場の『華一』さんはセミナーの参加者30名くらいと他にも日本人のお客さんとかがいました。僕はこの手の高級なお店には縁がなくて『住む世界が違う』という感じでした。味はまぁまぁ。個人的に気になったのがメニューに日本茶が見当たらなかったこと。そしてそれ以上に気になったのが『醤油差し』でした。オシャレな白いそれは使う度に醤油が垂れるのです。構造上の欠陥といった感じです。毎回おしぼりで拭くお客さんは少ないでしょうから、必ず台が汚れます。まとめて揃えているのだろうから難しいかもしれませんがこういう事が気になる質です。

セミナーは行って良かったとおもいます。正直いって人が多かったので気後れしていましたが何人かと話ができましたし、会いたかった若者と会えました。あと某学校のJとも再開しました。セミナーとしては交流会とセミナーが同時進行といった感じになっていて、プロジェクターを使った説明は後ろまで聞こえずでした。内容的には僕は既知だったので近くの人とのんびりお話をしていました。幹事さんをはじめとして主催してくれた方々には感謝です。こういったネットワークは求められていると思います。

 

まぁガッツリとビジネスな人よりは『こんなのが求められているんじゃないかな??』って、楽しみながらビジネスに取り組んでいる人の方が親近感がわきます。それで思いつきのレベルで採算が合わないって人もいるでしょうけど、僕なんかは『やってみて失敗したら、それはそれで良い経験になるじゃん!』って思うので、最初から『それで儲かる保証があるの??』って感じで聞く人は苦手ですね。損失を限定するための心構えみたいなものは必要でしょうが、儲かる保証のある商売がしたいなら起業家とはちょっと違う気もします。

 

逆に『それ絶対儲かりますよ』って言う人も『それ本気で言ってる??』って思ってしまいます。それが経験豊富な人が言うのならまだわかりますが、調査をしてない人から言われると聞き流してしまいます。僕が言う時は大抵は『面白そうですね』という感じですね。絶対イケるってほど相手のビジネス環境を知らないことがほとんどですから。

 

仮に『その商売はマニラで成立するのかな??』って思うことがあっても、その人なりのソリューションがあるかもしれませんし、下り坂の業界でも伸びざかりの会社などいくらでもありますから。その人のことが少し分かってきたら口を出してしまうからもしれませんが、概要だけで否定はしないようにしています。

 

 

2012.05.17

坐骨神経痛で3日ほど足踏み状態でしたが少し改善したので動き始めました。まだ様子を見ながらですが・・。19日にセミナーに参加するので19・20日とマカティ市内の宿に泊まります。今日は下見。去年の10月頃にオープンしたばかりらしい。予約だけ入れてきました。

あとFacebookでの広告のテストをしています。その効果で少しだけアクセスが上がっています。費用対効果や有効な使い方を考えて、実際の宿にも活用しようかなって思っています。

 

そうそう。そのせいか、他にもマニラで宿をしようって考えている方からメッセージを頂きました。個人的には宿自体はそんなに収益性が高くないとは思うんだけど、まだまだ語学留学でフィリピンに来る人も増えるでしょうし、たぶん1つや2つの宿が増えたところでライバル視する必要はないと思っています。むしろそれぞれが特徴的な宿を作って協力しあえればいいなって内心は思っています。なぜなら目的によって最適な宿は変化しますからね。 もちろん最も喜んでもらえる宿にするつもりでいます。

まぁ、それ以前にオープンまでたどり着けるかが問題なのでそれに注力したいと思います。

 

 

2012.05.12

明日マニラに発つ。今回はその20日間でFacebook(以下FB)の広告を試してみる。FBやGoogleの広告はクリック数や表示回数が見えるのがいいね。あとFBの場合は広告を表示させたいターゲットを絞れるのが凄い。場所・性別・年令など・・・。何回かテストしてみて、できればプレオープン期間中には大胆なプロモーションをしたい。大胆っていうのは値段とかいう意味での。そしてそれを告知するためにFBを使いたい感じ。なんせ今はFacebookページはほぼ未告知で2名だけ(笑) 

 

Facebookページに関してはいずれ英語が書けるスタッフに任せて英語中心にするつもり。今のところ日本人が半分以上になりそうだけど、理想は欧米人が半分以上で日本人は3割。そしてフィリピンで英語を勉強した人がその実践の場としてゲストハウスで外国人と知りあってもらえるといいなって思う。

 (別件)さて朝食について考えてた(今は優先すべき課題ではないが気分転換を兼ねて) 朝食はパンをつける。出きれば焼きたて。パンデサルを3個くらい安いもの。あとコーヒーやお茶はセルフサービス。そこまでは簡単。それからマニラは野菜不足になるのでサラダ(生か温)を少し出したい。まとめて作って出せばそれほど手間じゃない。サラダの事は置いておいてデザートを詳しくかいてみる。

 

 デザートが朝食に少し付くって幸せ☆だと思うんだよね。ゼリーとか安そう。ヨーグルトとか杏仁豆腐とかは少し単価が上がるけどあまり量がないからたまには出したいし、フィリピンならではのタホ。タピオカが入ったココナッツ系のデザート、マンゴープリンなんかも日替わりで出したいな。朝食を食べる時間がまちまちなのでアイスクリームは保留。最初は少ないスタッフでまわせるようにしておきたいからね。デザートは基本的に前日に作っておく。3日間保つとして、2日で消費。2日目は前日の残りAと新しいデザートBの2種類を出して、早起きの人は選べる感じ。とはいえデザートは朝食時間が終わったらスタッフで食べちゃうかもしれないけどね。・・・いやいや。最初は厳しくいこう。このコストがどうって事じゃなく、スタッフに『自分のモノと宿のモノ』を分けてもらう意識を先に身に着けてもらいたいから。だから味見役のみかな。

 


2012.05.07

次のマニラ訪問は5/13〜6/1になりました。起業にむけて人と会ったりしてきます。

今のところ14日と19日に予定が入ってます。それとゲストハウスを2ヶ所みてきます。

 

もし偶然にもこれを読んでいる起業家(フィリピン関係)がいましたら声をかけてくれると

嬉しいです。法人設立や不動産を借りたりする体験談をぜひ伺いたいです。

 

またこれから起業したいと考えている人とも会ってみたいです。いままで集めた情報は

いくつか提供できますし、情報は複数で集めた方が効率が良いですから。

 

宿がオープンして落ち着いたら、どんどん起業家の卵を集めたいとも思ってます。

(異国なら特に相談にのってくれる人がいるかいないかで大違いですからね)

 

 

2012.04.30

読書をしながら[スタッフのヤル気]について考えていた。スターバックスに少し長居していると試食とばかりに小さなデザートとコーヒーを貰えたりする。高めの価格帯でブランドイメージがあるお店は『割引するより小さなオマケを付ける方がお得感がでていい』って思っている僕も、その副次的な効果として『スタッフのヤル気UP』もあるのじゃないかって思った。

 

『人は給料だけの為に働くわけじゃない』・・やはり『働いていて楽しい』って職場はスタッフの定着率も高いはず。で、オマケをサービスする時ってお客さんはほぼ100%喜んで感謝する。それを提供するスタッフは嬉しく感じるだろう。いいな☆って思う。

 

もともと『給与が高いだけの会社』だとそういうスタッフが集まり残るのだろうけど、安宿の場合はそもそも高給は出せない。いかにスタッフに楽しんで働いてもらうかは大事だろうと思う。

 

今から10年ほど前にボランティアのような活動をしてて、イベントでの飲食販売を手伝ったことがある。その店を仕切っている人達の準備不足と慣れないイベントというのが重なって、長蛇の列ができ大混乱した。並んでいるお客さんからのクレームが僕たちお手伝いにも浴びせられた。

 

組織の中の人ってやっぱり個人のパーソナリティと関係なく評価される部分がある。少なくとも組織での役割と個人の足し算になるから、ダメな役割を担当している人の評価は下がる。どうせなら人に喜んでもらえる役割を担当したいし、してもらいたいと思う。

 

 

2012.04.26

マニラのゲストハウスを作ろうと考えているので色々と探して泊まってみたり

しています。宿を探している人にメールをしたついでに『やっぱみんながこの

情報を求めてる』って思って、まとめることにしました。

 

で、UPした感想は、Facebookのイイネを付けてくれた人が1日で9名。予想

以上の反響でした。感謝されるとやっぱ嬉しいですね☆ このJimdoってサイト

は記事が増えるほど管理が難しくなるけど、その分だけ内容を吟味して役立つ

情報を提供していければと思います。

 

2012.04.15

帰国してます。次にマニラを再訪するであろう1か月後まで日記の更新はユックリに

なります。日本に来て英語アプリやHuluの視聴を再開しました。またオンラインでの

英会話も速いネットで出来てハッピーです。次に行く頃にはもっと英語を上達させて

臨みたいと思います。

 

 

◇以下は第2回マニラ訪問(3/26-4/14)

2012.04.14

空港(NAIA)からマニラ最後の日記です。たぶん帰国したら次の入国まで更新が

ガクッと減ります。今日は中国人墓地近くの宿から空港近くの宿まで移動して

洗濯しました。長期滞在する上で洗濯が不便なのは困ります。さて宿の主人に

『来月くるまで荷物を預かってもらえませんか?』とお願いしてOKしてもらい

ました。着替えいろいろに蚊取り線香やもろもろ・・持って帰ってまた持って

くるのはとても面倒なので助かりました。僕がする宿では『荷物預かり』を

積極的にしようと思ってます。数日の預かりはよく聞きますが1ヶ月以上のは

あまり聞いたことがありません。もちろんスペースが必要ですし、取りに来な

い場合のルールなど考えることはありますが、、便利でまた来てくれるなら

いいのではないでしょうか。

 

あとはタクシーについても考えさせられる事がありました。僕の友達がタクシ

ーに法外な値段を請求され大変だったって話を聞いたのです。できれば信頼で

きるタクシードライバーを登録していって、ちゃんと送り届けてくれる事を

条件にお客さんを紹介するって制度を取り入れたいと思います。お金の授受と

かそんな面倒なことはなし。客を連れてきてくれてもお金をあげませんし、

客を紹介してもお金は取りません。ただ『信頼できるタクシーが利用できる』

それだけでこの国ではとても助かるのです。

 

ちなみに僕は深夜でもジプニー派です。ジプニーでの犯罪の方が多いとはいえ

利用している数からするとタクシーに比べて多いのか僕にはよくわかりません。

ただタクシーは密室ですが、ジプニーはドアが開いて逃げやすいし、人がいて

犯罪を起こしにくい空間です。深夜でもお客が多いマニラの交通事情は問題で

すが、人がいると安心できます。

 

 

2012.04.13

フィリピンの島で1100ペソで泊めてくれる所があるらしい。電気がない

バンブーハウスでキャンプファイヤーとかしたりのんびりと休暇を過ごすのに

良いと思う。

 

僕はマニラにこそゲストハウスが必要だと思うのだけど、もし3店舗くらい

持てるようになったら1カ所は島に作りたいな。船で1本で行けるくらいの

場所がいい。マニラ港からそんな船は出ているのかは知らないけど。

 

でも滞在型で考えるのならネットは欲しいね。それがないと2日で移動したく

なる。あとバンブーハウスだと台風とかの時にどうなるのかが気になる。建築

コストは安いだろう。

 

あと1泊50ペソとかにして、飲み物や食事やデザートなどで稼ぐビジネス

モデルもありだと思う。実際に100ペソレベルの宿になると宿屋代よりその

他の売上の方が重要になってくるだろうから。これはラスベガスのホテルが安

いのと似た感じ。

 

それと島に店舗を持つと住み込みのスタッフを探すのにもいいかもしれない。

島の給料はマニラより安く全体的に貧しい人が多いときく。気立てが優しく

マジメな田舎の子はお客さんへのウケも良いかもしれない。英語がどれだけ

話せるかは気になるところだけど、ハウスキーパーとしてならありかと。

 

 

 

2012.04.12

マニラでのエリア調査も最終日。明後日には帰国してまた1か月後に来ます。

今日はLRT-2を中心に歩く。LRT-2は11駅と他の路線より少なく、車両の幅

が広くて駅もデカイ。それゆえに他の路線よりゆったりと移動ができます。

 

帰りに使ったLRT-1などはまだ午後4時半だというのに既に満員電車でした。

マニラはほどよく観光地から離れた場所に何泊かして、昼を中心に移動して

観光する方がいいような気がしています。

 

さてLRT-2ですが、東のターミナルは見晴らしはいいが開けすぎ、その手前

は地下鉄状態になっていて寂れすぎ、その手前が程良い。路線から並行して

商店街があり夕方でもブラブラしやすい。もう1つもどるとMRTと交差する

駅で栄えすぎててゴミゴミしてる。たぶんここらは高い。あと少し西にいっ

てSMモールがある所もまぁまぁ、ここらは物件を探すのが難しそう。西の

ターミナルは個人的には観光するのには好きだけど住むところではない。

 

とりあえず普段はのんびりと宿の周辺でマニラの街並みを楽しみつつ、観光

したい時はLRT-2でサクッと移動。あとは初日と最後の移動は荷物が多いし

大事なものも持っているだろうからタクシーがいいかな。ジプニーはまだ

分からないけど位置的には南に行けばマカティに1本でいければ言うこと

ないね。というワケでエリアの第一候補はそこらです。

 

結局は物件次第になるとは思うけど、他に気になる所としては、警察が近い

か、雨が続いた時に道路はどうなるか、あと人材募集という意味では大学な

どが近いといいし、ボクシングジムやカルチャーセンターなどもあるといい

な。そこまでは今回は見てません。やっぱりあとは物件しだい。ジムとか

ならスペースがあれば後で何とでもなりそうかな。少し経営が安定したら。

 

・・・まだ未定だらけだねぇ〜。

 

 

2012.04.11

フィリピンではお金を持っている人や年上や男性が食事代を支払うことは

当然なのだそうだ。そんなワケで僕もフィリピン人の先生らと食事に行く

時には支払ってますが、大抵の場合はあとでデザートをご馳走してくれた

りプレゼントをくれたり小さなお返しをくれます。そういう心配りが文化

として根付いている感じがします。(支払額は違っても)気持ちの上ではフラ

ットな関係でありたいと僕は思うので『いいな』って思います。

 

あとフィリピン人が時間にルーズなのはよく知られた事ですが、僕は2つ

の原因があると感じています。1つは気候。四季のある日本ではこの冬に

なる前にこれをしないといけないといった制限がかかります。だから急い

だり計画的に進めようとします。それが長年続いて国民性になっていった

という感じ。もう1つは交通渋滞。マニラの渋滞は半端じゃないです。

車だけでなく電車も人口の割に本数や車両数も少なく、しかもシステムが

非合理的なので行列がすごーーいできます。それが数十分の遅刻が日常に

なり習慣化してしまうって感じ。

 

今のところ分からないが、待ち合わせも下手な感じがする。僕なら待たせ

そうな時や待ちそうな時には、本屋さんやカフェなど待っても気にならない

場所にするし、おおよその目安を言っておくけど、そういうフィリピン人

は少ないように思う。まだサンプル数としては少ないけどね。

 

 

 

2012.04.10

同じ宿にいるイラン人から『日本人なのになぜソニーじゃなくアップルなのか?』

と聞かれた。それはパソコンを選ぶのに国は関係ないからなんだけど、マニラで

宿をするなら、で、広い所を借りられたら1部屋を『日本を紹介する部屋』にして

みたいなって思ったりしてる。相撲・歌舞伎・茶道・富士山・和食・アニメなど

いろんな文化を紹介しつつ、日本のゲストハウスのリーフレットとか並べたりして

日本に行く外国人が立ち寄れる宿にしてみたい・・・あくまで願望。

 

それでもって、日本のテクノロジーをさりげなくPRしたい。企業向けの高度な物

じゃなくて、一般用のハイテク家電とか。アイボ的なものを飼ったり、シャワー

トイレにしたり、、、ってのはお金がかかりすぎるかな??と思うけど様子をみな

がら。

 

 

2012.04.09

チャイナタウンの近くにある安宿に移動してきました。ここはMixドミで1泊225ペソと

安いにも関わらず簡単な朝食付きです。建物は6階くらいの高さがあり豪華な感じです。

オーナーも親戚一同と住んでいて何だか遠い金持ちの親戚の家に下宿しているような

感じがします。オーナーも従業員も気さくで少しおせっかいな位に気を使ってくれます。

日本人の感覚からすると掃除の行き届いてない所とか気になる所はあるもののコスト

パフォーマンスは良いです。あと問題点としては建物の出入りに声をかける必要があり

少し気を使うこと、周辺は治安が少し悪い(逆に物価は安い)です。そうそうエアコンは

夜間だけですが付けてくれるようです。こんな宿でもPRが出来てないばっかりに今まで

知らなかったし多くの日本人も知らずに過ぎていくのだろうと思います。もったいない。

 

また余裕ができたらマニラの宿屋ガイドでも作りたいなぁ〜。と思うけど先に自分の宿

を作りたいものです。全てにおいて満点の宿はなく、翌日に島に行く人は空港近くが

便利でしょうし、長期滞在したい人は静かで安い郊外の方がいいでしょう。だから自分

の宿が出来ても他の宿のがいいと思ったら案内してあげたいと思ってます。そういった

事は短期的には利益を減らしますが中長期で見たら絶対に宿の経営にもプラスに働くと

思っています。

 

さて近くを歩いてきました。ローカルな露天が並んでいました。スーパーやコンビニは

遠く、旅人は食事をどうしているのだろう??と思います。ちなみに冷蔵庫は使わして

もらえます。名前を書くように書いてある。マジックが置かれてたらなお良かったのに

ね。あと電子レンジなどキッチンは使わせてもらえそうです。もししばらく滞在して他

のお客さんとも仲良くなったら、お好み焼きでも作ってあげたいなぁ〜なんて思ったり。

 

 

2012.04.08

今日もMRTが走ってないので南を散策してきました。ジプニーで終点まで行こうと

思いたち飛び乗って到着したのがSUCAT。少し開けた高原みたいな場所で灼熱の

大地を風が吹き抜けていきます。『さて次はどこへ行こう??』とりあえず東に

向かって北に向かえばどこか知っている場所に出るはず・・・。と適当にジプニー

を物色してSMに行くのに乗る。SMがあるってことはド田舎って事はないだろう。

着いたSMで涼んでからとにかく北に向かって歩く。あいにくジプニーが走って

ないエリアらしいが、いざといなればタクシーで引き返せばいいと思いつつも、

ひたすら歩く歩く歩く。そろそろ知っている地名が出てもよさそうだと思っている

とNAIAの案内看板が。ついに空港にまで戻ってきたようだ。

 

空港の周辺はいくつか良さそうな家があって、また空いている事務所なんかも候補

となりそうだ。ただし場所は慎重に選ばないと飛行機の騒音が半端じゃない。あと

空港近くの宿はセブ島などに行く人が深夜に来て1泊のみってパターンが多いので

宿屋としてはあまり嬉しくないかも??やっぱどっちかというと少し空港から離れ

ても長居したくなるような宿にしたいな。

 

 

2012.04.07

ホーリーウィークの関係で明日まで電車が止まってます。バクララン駅とタフト駅

の周辺を散策しましたが電車がないので宿に戻る。日本では高くて入らないケンタ

ッキーフライドチキンに入ってチキンを頬張る。SMスキャットでブラブラしてる

と、何だかんだいってフィリピン人の消費は凄いって感じる。フィリピン人の肉の

消費量は日本以上ではないかと思う。

 

宿屋をするにあたり法人設立や不動産関係の書類を再読する。どこまで専門家に

頼めばいいのかまだ検討がつかない。今いる宿の主人は嫁さんがフィリピン人とい

うこともあるが、書類関係で苦労している様子はない。あんがいと現地人にはザル

法なのかもしれない。あるブログ情報によるとフィリピンの法人は売上の3割程度

しか申告してないのが一般的らしい。僕は性格的に脱税はしたくないので正攻法で

どうすればいいのかを考えたい。

 

 

2012.04.06

ホーリーウィークにてモールはお休み。近くのお店でシシグを食べる。

鉄板にのせられたシシグは熱々で食欲をそそる。天気は我慢大会のような

日差しと暑さ。宿で3ペソの氷を買って厚さを凌ぐ。どうせならシャツを

脱いで日光浴でもしたいけどほど良い場所がないんだよね。

 

とりあえず宿をする時にはお昼寝ができるスペースがあるといいよね。

それに数ペソで保冷剤を貸し出して氷枕にしてもらうのもいい。

 

シェイクなどの飲み物も売れそう。タホやハロハロもアレンジして販売

してみたいな。けっこう料理のメニューを考えるのは好きだったりする。

 

 

2012.04.05

ホーリーウィークという連休に入っています。今日はオルテガス周辺を散策する

つもりでしたが行ってみるとお店はほとんど閉まっていたのでバクラランまで

引き返してきました。宿でのんびりとインターネットをしています。

 

フィリピンは祝日に店が閉まる事もあれば雨が続く時期もあります。宿をする

なら屋内でも快適に過ごせるような工夫をしたいと思います。快適なネット環境

・書籍類・ビリヤードなどなど。そんなイメージはいっぱい湧きますが具体的な

ことはまだこれからなんですよね。

 

 

2012.04.04

LRT-2の沿線を歩く。駅は広く車幅も広い。10駅しかないこともあってスペースに

余裕があります。またMRTと交差するクバオの街はかなり開発が進んでいました。

 

正直なところ人口が増え続けているフィリピンまたそれが首都に流入してるだろう

から、MRTやLRT-1の券を買う行列や満員電車など辛いし一段と厳しくなると思って

ます。そういう意味でもこの沿線いいです☆ いちおう券の自動販売機も。

 

あと東のターミナル駅の前は開けていて見晴らしが良い。SMモールもデカイのが

あります。地下部分が駐車場になっていた。この市は洪水で水没しやすいらしいので

洪水対策でそうなっているのだと推測する。

 

そうそう。LRT-2の中間区画は日本のODAで作られていると駅の入口に書いてあり

ました。日本人としてちょっと嬉しい瞬間です。某氏のように『日本人に座席を譲れ』

とまでは思いませんが(笑)

 

 

2012.04.03

今日は空港近辺を歩きまわる。ターミナル1から3まで無料のシャトルバスが

出ていてそれに乗せてもらおうと思ったが、パッセンジャーのみらしく入れま

せんでした。嘘を付いて入るほどの理由もなかったのでジプニーで3を目指し

ました。T1からT3まではジプニーの乗り換えが必要です。時間も40分ほど

かかります。初めての旅行者はターミナルに注意です。

 

T3の中で火照った体を休ませる。なんせこの日のマニラは33度と暑いのだ。

そして東を目指して歩く、国鉄の駅を発見するが次の電車まで35分もある

らしいのでスルー。国鉄は完全に廃れてます・・・。そこからSUCATを目指

し、宿まで戻ることにした。スキャットといっても通じないなぁ〜って思って

いたら発音的にはスカットらしい。謎が1つ溶けた。

 

SUCATは自動車にとって交通の要所らしい。開けた景色とそこを吹き抜ける

風がとても気持ちいい。暑いのでジュースやら飲みまくりで、地元の人は水分

補給をどうしているのだろう??また帰りにスーパーでミネラルウォーターを

購入して宿に戻る。やっぱり僕がプロデュースする宿はウォーターサーバーを

入れよう。小口で買うのは割高だし運ぶのが面倒ですぐヌルくなるからね。

 

 

2012.04.02

LRT沿線のホステルを訪れる。直接予約に来る旅人は少ないだろう。ホステルワールド

とかって手数料が7%くらいかかるらしく宿屋の負担なので何となく直接したくなる。

自分の宿が出来たらその分だけサービスを充実させてネットと口コミで支えられる宿に

したいな。たしかにホステルワールドとかの集客力は捨てがたいけどね(^_^)

 

あとギアポやマラテなどを歩く。ギアポのSMのアウトレットショップを見つける。

バクラランの周辺も歩く。パンにアイスを挟んだものを10ペソで買った。ロカールな

モノを地元の人に混じって食べるのは楽しい。外国人だとカタコトのタガログ語で

喜んでもらえる☆

 

 

2012.04.01

明日はLRTの沿線を視察しつつ、チャイナタウン近く??の安宿を探してきます。

ここより少し高いようですがアクセスが良く人気があるみたい。今より北に宿泊

場所を確保できたら、南の調査はそこそこにして、東側の調査をしようと思う。

街の中心部は最初から頭にないので南(空港から近め)か東(大学が多く閑静)にしよ

うと今は思っています。

 

 

2012.04.01

連日マニラを歩いているので今日はパラニャーケを軽めに歩くことにした。

いろんな場所で"FOR RENT"とか"FOR SALE"とかの家を見かけるが値段は

分からない。いまは焦らずに交通の便やら土地勘を養うことに専念しよう。

 

"BUY & SELL"という雑誌を買ってみる。日本と違い不動産情報には、場所と

連絡先くらいしか書いてない。おそらく不動産を探すのは地元の人にとっても

大変だろうと思う。日本なら雑誌だけで相場観が養えるのだが・・・。

 

 

2012.03.31

某英会話学校の旧友と再開し韓国料理を食べる。友達は日本にいる間にロゴ

などを作っていたことに驚いていた。こっちでの行動はまだ始まったばかり

だから何も決まってないからね。あとは宿のアイデアにはいくつか褒めて

もらえた。あとはこれを現実にするために1歩ずつ進む。

 

ここ数日はあえて遠回りをしてマニラを歩いています。家賃相場はまだ聞け

なくても、どこが快適でどこが交通の便がいいかなどは歩けばある程度わかる。

とりあえずの目標は『地名を聞いてどんなところか分かるようになる事』

マニラ中は無理にしても、主要な所は抑えておきたい。住むにはましてや

ビジネスをするには必要でしょう。

 

 

2012.03.30

某オンライン英会話の先生2人とランチ。2人は1時間40分の大遅刻で僕は

イライラしてた。せめてどの位で来るのかが分かれば、他の事をして時間を

潰すなり、キャンセルして帰るなりできたのだが・・・。

 

到着してランチしてオフィスに行く。いろんな先生を紹介してもらう。

こういう時のフィリピン人のフレンドリーさは見習いたいものだ。アウェイ感に

晒されていた僕だが気が楽になった。あとCEOを紹介してもらう。頭の切れる

好青年でした。フィリピンにおいてビジネスの先輩になりますね。

 

2012.03.29

前回の訪問で知り合ったフィリピン人とmoonbaというレストランで

会ってきた。昔話をしつつ依頼していた事について話をした。これから

フィリピン人の協力は絶対に必要になるので、こういう協力者を増やして

いきたい。

 

少し難しく感じるのは人を雇うにしてもアパートを借りるにしても

相場が分からないこと。相手は『予算がないと探せない』だろうし、逆

に僕の方は『どの程度でどんなのが借りれるか分からないと頼みにくい』

 

モノによっては、荷物置き場にしてもいいし、広めを借りて事務所っぽ

くしたり友達が泊まれるようにしておいてもいい。相場を知りたい・・。

 

2012.03.28

カネ無しコネ無しフィリピン生活』の著者にお会いさせてもらいました。

広く浅くフィリピンの話を聞かせてもらい管理されている物件を見せてもらい

ました。永住権や会社設立については依頼するか未定なので深くは聞きません

でした。『情報だけ聞いて依頼しない』って雰囲気にはしたくなかったので・・。

 

それにしても代理店にどこまで依頼するのか(できるのか)は難しい問題です。

1から10まで頼むとあっと言う間に資金がそこを着きそうだからです。

 

一番よいパターンは、僕がゲストハウスをする事によって相乗効果が見込める

から手助けしたいってタイプ・・・まぁそうそうそんな話はありませんけどね。

 


2012.03.27

マカティで目的地が発見できず・・。Google mapに住所を入れたプリント

してきたけど、どうやらその位置がデタラメだったみたい。住所だけでは誰に

聞いても分からず。携帯で電話しても音声品質が悪くて断念。とても疲れた

1日でした。あとノート型パソコンを街中で開けないので明日はしっかり調べ

なおしてから行こう。